2022年04月04日

メトロの見聞録in九州⑤ メトロの鉄分補給#26

こんにちは!ここで個人のTwitterやYouTubeを宣伝するのってどうなんですかね…?と思っているメトロです。

さて、夏休みの18きっぷ旅です。今回は四国に行く予定です。
予定です。


台風来ちゃいました。
まあ、風強いのに瀬戸大橋渡ったら脱線しかねないので仕方ないですね。
安全第一で素晴らしいです。

時間ができたので岡山駅を見物。何か珍しそうな電車が来ましたね〜。

こんなアート作品も。これ使用済みきっぷで作っているんですって〜。

なんやかんや姫路に到着。103系を撮影。この色の電車ってあまり見かけませんよね~。撮れるときに撮っておきましょう。
そして…

電車止まりました!
しゃーない、昼飯食うか…。(駅ナカキムチ牛丼食べてきました。)

何とか再開したものの、再び運転見合わせ。どこココ…。

結局神戸でギブアップし、なぜか大阪にきていた家族に今日のホテルまで送ってもらいました。
130キロで走る新快速はまたの機会に…。

なんか締まりませんがご乗車くださいましてありがとうございました!  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 16:39Comments(0)メトロ

2022年03月29日

北陸へ遠征した話

駅メロの話もちゃんとします。
新快速です。会で京都、大阪へ行った3日前から2日にかけて私は北陸へ行ってまいりました。(これで3回目の訪問です)

まず、鶴舞線の始発で鶴舞へ、鶴舞からはJR中央線に乗ります。

なんと315系の試運転に遭遇!ラッキーでした。

ここから長野方面へ行くのですが、終点の中津川まで立ちっぱなしでは足が疲れてくるので、いったん名古屋へ。(名古屋へ着いた折り返しが中津川行きとなります。)
中央線を乗り継いで塩尻駅へ。

塩尻駅では211系の並びが撮れました。

さてこの遠征最初の収録駅南松本へまいります。
南松本では通称ゲームオーバーと言われるメロディーが使われています。このメロディー、実はハッピーバースデーの曲の一部分を切り取って3回流しているだけなのですよね。なのにこの恐怖感、不思議です。収録の感想としては塩尻方面の音量はとても大きいと感じました。

次に松本駅へ。

ここは自動放送が聖徳太子でないと聞き取れない、(正確に言うと自動放送どうしが被ると聞き取れない)また、到着放送の「まつもとぉ~」がとても有名です。またこの駅の発車メロディーはこの駅限定のJR-SH-1が流れます。自動放送被りなしで撮るのは至難の業だと思います。(1時間の滞在で被りなしは録れなかった)
さてここより大糸線を北上します。

E127系で終点の南小谷へ。信濃大町までは学生や地域住民の方が、白馬あたりまではスキー客の方が乗っていました。ただ終点まで乗りとおした人は、鉄道が好きな方のみとなっていたと思います。また前面展望を撮られる方も見えました。さてここで昼食です。

そばを食べました。ただそばが目当てではなく隣にある汁物が目当てです。この汁物、クマの肉が入っているそうです。とてもおいしかったです。

3月のはじめ、春はまだ遠いようです。

南小谷から先はJR西日本区間、キハ120形で糸魚川を目指します。

廃線が噂されている区間ですが、乗った汽車の便は、根知あたりで観光客が1人が乗り、1人が降りという地元民が一人も乗っていないというものでした。また乗車人数も8人ほどで閑散としていました。糸魚川に着き、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインに乗り換え、谷浜で途中下車し、直江津を目指します。

写真は9月に訪れた時のもの。
谷浜駅着。谷浜駅では2種の接近メロディーが使われています。まず、直江津方面は草競馬糸魚川方面はさくらさくら(新音源)です。特にさくらさくらの新音源は谷浜駅のみ使用されております。この時間は直江津方面のみ収録、糸魚川方面は後で再訪します。
さて、直江津に着き、妙高はねうまラインに乗り換えるところで今回の記事はここまで。次回は春日山駅からです。  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 22:17Comments(0)新快速

2022年03月25日

メトロの見聞録in九州④ メトロの鉄分補給#25

みなさんこんにちは!更新をサボっていました。メトロです。音声収録中の大阪環状線車内よりお届けしております。(4周する予定)

さて、未だに夏休みの見聞録です。(もうそろそろ本気出す)

前日下関に到着、この日は岡山を目指します。
の前にこんなものを見つけました。

関門トンネルができる前の話のようです。けっこういろいろと苦労していたみたいですね。

これが噂の真っ黄色ならぬ末期色か…。
国鉄車ってあまり乗ったことなかったんですよね。

気動車でよくある通称変態連結を発見。何やら深い訳がありそうな車両ですね。何があったのでしょうか…?

岩国に到着。新しそうな電車が来ました。
以前は国鐡廣島?とか言われていたみたいですが新しくなっていますね。

広島駅って接近メロディーあったんですよね。(後から知った)回収しておけばよかった…。

また末期色の電車に乗り換えて岡山に到着。国鐡岡山ですね…。なんか新車が入るらしいのでそのうちこの光景は貴重になるのでしょうか?

JR四国の特急南風が停車中。カッコいいですね。

さて、せっかく岡山に来たのだから路面電車に乗っておきましょう。路面電車って大体1日券がお安いので旅先で観光がてら乗るのも良いですね。

なんかチャギントン装飾のイベント電車もあるようですね。路面電車でイベント電車って珍しいですね〜。

さて、岡山に到着です。次の日は四国を目指します。なんか天気が不安ですが…。(フラグ)

ご乗車ありがとうございました!
  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 15:25Comments(0)メトロ

2022年03月23日

年度末大掃除&卒業のご挨拶


皆さんこんにちは。広報の堀尾鉃道です。

今日は今年度の活動の締めとして、倉庫として使用している小屋の大掃除を行いました!

まず、床に直置きしているものと棚に収納しているものを全て外に出し、床の掃き掃除を行いました。
写真は全て外に出した時の様子です。ミニ電車や駅名標、信号機をはじめ、ジオラマの制作用具やレールなど、たくさんのものが所狭しと置かれていました。

その後、外に出したものを整理しながら徐々に小屋に戻していきました。
これらは1年間の活動の間にぐちゃぐちゃになっていたので、綺麗に整頓し直しました。
また、収納していたダンボールが経年劣化と雨漏りの影響でボロボロになっていたため、新しいものに交換しました。
(いずれは密閉できる容器に収納したいですね。あと雨漏りしない部室が欲しいです…)

2時間に及ぶ大掃除の結果、床に直置きしているものが減って綺麗になりました!ゴミもかなり出ました。
来年度以降も年度末に大掃除を行い、綺麗な状態で新入生を迎えたいですね。

本日の内容はここまでです。ここからは私個人について話させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

私事になりますが、先週3/18に卒業を迎えました。従って、本日の活動をもって本同好会および広報活動からは引退となります。

2017年10月の初執筆以来、広報担当として本同好会のブログ更新やホームページ改良に携わってきました。
私が執筆開始した当初は20,000pvにも満たないブログでしたが、5年経った現在では120,000pvを超えるブログに成長しました。
最近ではブログランキングも上位に入るようになり、改めてこの5年間の活動成果が大きかったことを実感します。

私の引退後は後輩が広報活動を行っていくと思いますが、今後とも本同好会をよろしくお願いいたします。

それでは次回の更新もお楽しみに!  
タグ :堀尾鉃道


Posted by 豊田高専 鉄航研  at 15:59Comments(0)全体堀尾鉃道(OB)

2022年03月09日

春休み遠征2022 in京都・大阪


皆さんこんばんは。広報の堀尾鉃道です。

本同好会では今週3/7(月)に春休み遠征を行い、京都・大阪方面に行ってきました。
この2年間新型コロナの影響で遠征を行えずにいましたが、今回遂に2019年夏以来2年半振りに長期休み恒例の遠征を実施することができました!!
今日はこの春休み遠征の様子についてお伝えしていきたいと思います。


今回の遠征は総勢8名の参加で、集合は浜松6:01発新快速大垣行きの4号車としました。
本校は様々な地域から学生が来ているため、本同好会では伝統的に道中の車内で順次集合という形を取っています。


私は名古屋駅から合流しましたが、なんと3/5(土)にデビューしたばかりの315系(写真右)との並び写真を撮ることができました!


途中大垣駅、米原駅で普通、新快速列車を乗り継ぎ、京都駅にて下車。
京都駅では40分ほど自由時間としました。それぞれ思い思いの写真や動画を撮影していました!


京都駅からは奈良線に乗車。
なんと乗車電が偶然にも奈良線に2編成のみ残る103系の運用でした!

奈良線の103系の一部はかつて東京の山手線で走行していた経歴を持ち、乗車電の両先頭車両もその一つです。
令和になった現在でも1970年代の山手線の雰囲気を味わえるのは凄いと思います。(白帯こそ付いていますが塗色も山手線と同じです)


103系は国鉄時代の雰囲気を色濃く残していて、例を一つ挙げると車内にある扇風機です。
現在の車両は冷房設備が初めから整備されているため扇風機は付いていませんが、この車両はかつて非冷房だった名残で、扇風機が令和になった現在でも残っています。(現在も夏季になると稼働しており、冷房+扇風機の風で他の車両より涼しく感じます)
車内に扇風機が付いている車両は現在では珍しいのではないでしょうか。

今回はモハ(モータの付いている車両)に乗車したため、モータの爆音を録音している人もいました。


宇治駅で103系(写真左)とは別れを告げ、221系(写真右)の、みやこ路快速に乗り換えました。


奈良駅で大和路快速に乗り換え、久宝寺駅へ。
久宝寺駅では30分ほど自由時間としました。みんな201系の並びを撮影するため、真剣にカメラを構えていました。


上下線で停止位置がずれているため、並ぶタイミングでシャッターを切ると、こんな感じの並び写真が撮れます!


途中、運よく関西線の車両も201系だったため、201系の3本並びが実現しました!


その後は久宝寺駅から放出駅までおおさか東線の201系に乗車し、京橋駅で昼食にしました。
こちらもモハに乗車したため、201系特有のチョッパ音を録音している人もいました。
(ちなみに食事先は私が1年生だった頃、2018年の春休み遠征で訪れた店です)


昼食を食べて満足したところで再びおおさか東線に戻り、高井田中央駅へ。
高井田中央駅では40分ほど自由時間としました。


おおさか東線では撮影の聖地とされている駅で、ホーム北側の先端(通称エキセン)から良い写真が撮れます。
この日も平日ながら、本同好会以外にも複数の撮影者がカメラを構えていました。


カメラを構えていると、EF65(国鉄色)牽引の貨物がやってきました!
これを目当てに来ていた撮影者も数多くいたようです。
このようにおおさか東線は貨物列車も撮影できるのが面白いです。


再びおおさか東線の201系に乗車し、新大阪駅で新快速へ乗り換えて山科駅へ。
山科駅では夕食も兼ねて2時間ほど自由時間としました。
それぞれ駅構内で写真を撮ったり、近くを走る京阪京津線に乗車したり、思い思いの時間を過ごしていました。


写真を撮っていたら、何故か片目だけのサンダーバードに遭遇w


帰りは草津線直通の117系に乗車しました。
この車両はかつて関西・東海地区の新快速で使用されていた車両で、並行私鉄との競合を意識して2扉クロスシートと、特急に匹敵する内装を持っています。
後に一部ロングシートに換装されていますが、それでも当時の雰囲気を色濃く残しています。


終点柘植まで乗車し、関西線の亀山行きに乗り換え。(実はここからは2019年の夏休み遠征と同じ経路です)
この区間は今回の行程唯一の非電化区間のため、気動車(ディーゼルカー)が使用されています。
今まで乗車してきた電車とは違う、エンジンの音が格別でした!


亀山駅からは再び電化区間に入り、211系の普通列車名古屋行きに乗車。
この列車は元々JR東海唯一の国鉄時代から残る車両、211系0番台の運用で、今回もそれを望んで行程を計画したのですが、何と遠征の当日に廃車となってしまい、JR東海製造の5000番台による代走となってしまいました。

後輩達に良い経験をさせてあげられると思いましたが、こればかりは仕方ないです…


と言うことで急遽予定を変更し、桑名駅で快速みえに乗り換えました。
(4両が来ると思っていたら2両だったので慌てて走っていました)


名古屋駅に到着し、流れ解散となりました。
(こちらの写真は名古屋駅到着後に反対ホームから撮影)

久し振りの遠征でしたが、非常に充実した行程で満足できました!
1年生、そして昨年行けていない2年生にも本同好会の遠征の雰囲気を味わってもらえたかなと思います。
来年度以降もこのような遠征が開催できることを期待しています。

それでは次回の記事をお楽しみに!  


Posted by 豊田高専 鉄航研  at 21:28Comments(0)全体