2021年03月26日

〜東海道線に鶴舞線?!〜

 皆様こんにちは、しゅうです。

 今日は東海道線をちょいと珍しい車両が走りました。

 ↓それがコチラ↓
 お馴染み鶴舞線の新車輸送!


 豊川市にある日本車輌で製造された車両を名古屋市交通局に納入するための列車。所謂甲種輸送ってやつです。


何気に初撮影だったので嬉しかったです(^^)

ーオマケー
 待ち時間にやってきたトヨタ自動車専用列車「トヨタロングパスエクスプレス」2本。

上りはまさかのピカピカのEF66の代走でした。  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 15:53Comments(0)しゅう

2021年03月22日

〜ダイヤ改正2021〜

 どうも、ご無沙汰しております。しゅうです。約1年間のブランクがありましたがちゃんと生きてますよ(^^)冬もぼちぼち終わりだんだんと暖かい過ごしやすい季節になってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 さて、先日3月13日にJR各社のダイヤ改正が実施されました。そこで、このダイヤ改正で個人的に気になった動きを少しばかりピックアップしてまとめてみました。かなりマニアックな内容かとは思いますがどうか最後までお付き合いくださいませ^^;

※写真は過去のものなので説明文や現在の姿とは若干異なる場合があります。

〜JR貨物DD51定期運用終了〜
 稲沢市にある愛知機関区所属のディーゼル機関車DD51が引退。
晩年は主に関西線で活躍していましたが、2011年3月に発生した東日本大震災や山陽・山陰地方を襲った平成30年7月豪雨の際には現地に物資を届けるために愛知から派遣され全国各地で活躍。非常に大きな功績を残しました。

〜JR貨物EF64運用縮小〜
 先述のDD51と同区所属のEF64。
以前は関東での運用を持っていましたがその運用が別の機関車にバトンタッチ。これにより東海道線金山以東のEF64の定期運用が消滅しました。

〜JR貨物石灰石輸送にEF66〜
 美濃赤坂〜笠寺を結ぶちょいと特殊な貨物列車。以前はEF64とEF210が担当していた運用ですがダイヤ改正によりEF66とEF210の担当になりました。

EF66がこの運用を担当するのはおそらく2014年度以来約6年ぶり。全国の貨物列車ファンが湧きました。

〜フライアッシュ輸送にEF510〜
 またまたちょいと特殊な貨物。東藤原〜大府を結ぶフライアッシュという物質を運ぶ貨物列車。以前はEF64の担当でしたがダイヤ改正によりまさかのEF510にバトンタッチ。

EF510がこの運用を担当するのは初めてで名古屋以東へ乗り入れるのも初めて。このニュースには貨物ファンの私もビックリ❗

〜JR東日本185系引退〜
 JR東日本のベテラン電車185系が引退。
伊豆方面の特急踊り子はE257系に統一されます。お別れは寂しいですがよくぞここまで走ってくれました✨

〜JR東日本215系定期運用消滅〜
 湘南ライナーの廃止によって、関東を中心に活躍したオール2階建ての電車が引退。

〜JR東日本E7系追加投入〜
 令和元年東日本台風により甚大な被害を受け大量に廃車されたE7系を補うために新造。

これにより延命されたE4系が置き換えられ秋頃には引退するそうです。悲しい…(T_T)

とまあこんな感じですかね?

 今季のダイヤ改正は、貨物ファンとしては割と嬉しい情報が多かったように思える反面、旅客会社では引退する車両が続出。思い出がまた一つ消えてゆく感じで寂しさもあります。

 それでは今回はこの辺で。また次回〜  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 12:35Comments(0)しゅう

2020年03月28日

雨ニモマケズ、風ニモマケズ

皆さんお久しぶりです。しゅうです。世間はコロナで大騒ぎですが、今回はそんな波にも押されず今日も日本各地を縦横無尽に奔走する貨物列車たちを紹介します。
3/2 8862レ EF64-1020+チキ7000×2
静岡貨物駅行の新幹線用?のレールが輸送されました。
3/3 9863レ DE10-1725+チキ7000×2
3/2の静岡貨物工臨に使用されたチキ70002両が返却されました。
3/7 8862レ 東京メトロ17000系 甲種輸送
東京メトロ有楽町線向けの新型車両の甲種輸送が下松ー新秋津間で運転されました。
3/8 8862レ TX-3000 最終甲種
つくばエクスプレス向けの新型車両の甲種輸送が下松ー越谷貨物ターミナル間で運転されました。
3/10 9863レ EF64-1020+ホキ9500+タキ43000×6
川崎貨物を出場した検査明けのホキと廃車のタキが稲沢へ回送されました。
3/12 8091レ EF66-109+新日鐵チキ×9
東鷲宮行の長尺レール輸送に使用されたチキが八幡へ回送されました。
3/13 9863レ EF65-2070+シキ801B2
安治川口ー百済間の変圧器輸送に使用されたシキ801B2の送り込みが運転されました。
3/14 1072レ EF210-314+コキ数両
ダイヤ改正に伴いEF210-300番台が関東運用に充当されるようになりました。
3/20 2059レ EF66-27+コキ数両
EF66-27がカンガルーライナーSS60に充当されました。
3/28 8862レ EF65-2092+シキ801B2
安治川口ー百済間の変圧器輸送に使用されたシキ801B2が宇都宮貨物ターミナルに返却されました。

物流を支える貨物列車は我々の夢を運ぶため今日も走ります。次はどんな列車がやって来るでしょうか?
以上チョット変わった貨物列車たちの紹介でした。それではまた次回。  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 13:49Comments(0)しゅう

2019年12月26日

愛知機関区探訪〜さらば栄光のEF64-77&元鷲別機関区DD51〜

皆さんこんにちは、しゅうです。今年も残すところあと5日。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
さて今日は、12月24日に行って参りました愛知機関区の様子をご報告したいと思います。それではどうぞ!
愛知機関区の真横に位置する稲沢駅。ホームに降りるとEF64、DD51…愛知機関区特有の車両たちが。
中には写真左上のような廃車になってナンバーが外されているものもありました。昔よく撮った車両だとなんだか悲しくなります…。
そんな中、最新鋭の機関車DD200も置いてありました。
近頃数を増やしてこの愛知機関区から全国各地へ散らばっているDD200。地方のDE10などを置き換えるのでしょうか?今後の活躍に期待です。
機関区北側を歩いてEF64-77たちのもとへ。
11月にとうとう解体線へと運ばれたEF64-77。国鉄最後のお召指定機というだけあって博物館に入れて保存してほしかったものです。
稲沢に行くといつでも見られた77号機ももう見られなくなるのかと思うととても悲しいです(T_T)また、後ろに繋がれた2両のDD51。彼らはかつて北海道の鷲別機関区に所属していたもので旋回窓を装備する特徴的な個体です。彼らも昔何回か撮影したことのある思い入れがある車両だったため非常に悲しい…。
気を取り直して機関区南側へ。こちらにもなかなかユニークな仲間たちが。
原色EF64、DE10、修理中のDF200…。
▲このEF64はかつての同僚を眺めて一体何を思うのだろうか…。
というわけで今回の更新は以上です。やっぱり愛知機関区は面白い!貨物好きの皆さんもそうでない方もぜひ一度足を運んでみてください!それではまた次回☆彡
-オマケ-
185系ムーンライトながら回送
稲沢で上り電車を待っていると突然やってきました。
また、この後清須で少しだけパシャリ。
それでは皆さん良いお年を〜  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 16:20Comments(0)しゅう

2019年12月16日

〜8862レ 日立製作所発甲種輸送の記録〜

皆さんこんにちは、しゅうです。2019年ももう終わり。時間の流れがとても速く感じる今日この頃です。
さて今回の更新は、ここ最近撮影した山口県の日立製作所発の甲種輸送列車達(と言ってもたった2種類ですが…)を紹介するだけのくだらない独り言です(笑)それではどうぞ。
8862レ EF210-102+西武001系 8両
西武鉄道の新型特急ラビューが甲種輸送が運転されました。この日の前日に山口の下松を出発し、山陽線、東海道線、武蔵野線を経由して東京の新秋津まで輸送されました。きっと今頃、東京のド真ん中で働いていることでしょう。
8862レ EF210-173+西武001系 8両
こちらもまたまたラビューの甲種。
僅かですが紅葉と絡めて撮ることができました。噂によるとなんと1年以上続いたラビューの甲種も残り1編成。なんだか寂しくなりますなぁ…。ついでに細かい話ですが、この時の牽引機であるEF210-173はEF210 100番台のラストナンバーらしいです。
8862レ EF65-2127+TX-3000 6両

まさかまさかのEF65で唯一広島更新色を纏う2127号機が登板!しかもヘッドマーク付!つくばエクスプレスの甲種は毎回我々鉄道ファンを驚かせてくれます✨かっちょええなぁ〜
というわけで、今回の更新は以上です。先述したようにラビューの甲種は残り1編成、今回は紹介していませんが、3〜4年続いた東京メトロ日比谷線用13000系の甲種もあと2本と言われています。今のうちに良いの撮っとかなくちゃ!次回もおたのしみに!
-オマケ-
N700系と311系
700系だったらなぁ…。
  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 17:31Comments(0)しゅう

2019年12月01日

TOMIX EF64-77&ED75-121が入線しました。

皆さんこんにちは、しゅうです。最近急に寒くなりましたね。おかげで私は風邪気味ですが…。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
さて、いつもは近場で撮った写真とか遠出した時に撮った写真なんかを紹介している私ですが、今回から我が家に新たに入線した模型の紹介をしようと思います。それではどうぞ!
〜今回の新車〜
6475レ EF81-81+EF64-77+ED75-121+ヨ8000
おやおや?何やら甲種輸送がやってきました(笑)
というわけで今回紹介するのは、TOMIXの国鉄 EF64電気機関車(77号機・お召塗装)・ED75電気機関車(121号機・お召塗装)セットです!
今年も恒例の電気機関車セットが発売されました。それでは早速車両を見てみましょう。
セット内容は、お召塗装のEF64とED75がそれぞれ1両ずつとそれらのパーツ、説明書です。
因みに実写について簡単に説明すると、EF64-77は1986年に運転された国鉄最後のお召し列車の牽引機です。長らく愛知機関区にて保存されていましたが間もなく解体とのこと。ED75-121は、1984年に運転されたお召し列車の牽引機です。
各パーツを取り付けた状態がこちら。

どちらもお召機特有の美しい装飾が見事に再現されています。また、表記類も綺麗に印刷されています。
これで我が家のお召機も3機に。一号編成が欲しくなりますねぇ。

一号編成の代わりに旧型客車5両を繋いで走らせてみました。意外と似合う…。どちらのモーターも極めて良好でした。
というわけで今回はTOMIXの国鉄 EF64電気機関車(77号機・お召塗装)・ED75電気機関車(121号機・お召塗装)セットを紹介しました。他とは一味違うお召機の魅力を楽しみたい方はぜひ。それでは次回の更新もお楽しみに!  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 15:13Comments(0)しゅう

2019年10月21日

大宮の1日

みなさんこんにちは、しゅうです。今回は、夏休みの終わりかけになんか物足りないと感じたので、なんとなく大宮へ。駅で朝から夕方まで8,9番ホームで張り込みしてみました(笑)いくつか抜粋して紹介したいと思います。それではどうぞ!
始発の新幹線で東京へ。上野東京ラインに乗り車内から外を見ていると、尾久に赤いEF81の姿が…。降りてみるとそこにはこんなモノが!
10:06発 9581レ 黒磯訓練 EF81-81+カヤ27-501+EF81-139
これは黒磯訓練と呼ばれるJR東日本の社員さんを習熟するための訓練列車。見ての通り、今回の訓練ではカシオペア用の予備電源車(カヤ27-501)を田端EF81でサンドイッチしています。所定の時刻に甲高い汽笛を鳴らして尾久を発車。本当に偶然撮れたので嬉しかったです!撮影後、間もなくやって来た後続の列車で大宮に向かいました。
大宮到着。隣のホームには先程の黒磯訓練が。
撮影をしていると、突然汽笛を鳴らして行ってしまいました。
ここからはいくつかピックアップして一挙に報告します!
10:39 E257系 団体臨時列車
この塗装、まだ走ってたんですね。
10:52 EF210-117+タキ
11:01 日光詣スペーシア
11:12 東鷲宮工臨 EF81-98+レール積載チキ
所定は田端EF65の運用ですが、珍しく同区のEF81が代走しました。
11:17 EH200-901+コキ
11:23 EH500-4+コキ
11:26 EH500-29+コキ
11:52 EH200-1+EF65-2127+タキ+コキ+タキ+コキ
この日の前日に行われた東京メトロ日比谷線の甲種輸送を熊谷貨物ターミナルまで担当したEF65の新鶴見への返却を兼ねた配給列車。
11:58 東海道本線向けE257系試運転
12:04 E491系 East i-E
12:30 DE10-1697
田端から高崎への返却回送。
13:54 EF65-2089+タキ
15:04 EF66-106+コキ
東北本線では数少ないEF66の運用。
15:37 EH500-39+安中タキ
この日の締めは通称、安中貨物と呼ばれる東方亜鉛専用貨物。大宮では運転手交代のため停車します。
というわけで今回の更新は以上です。この他にも10本以上の貨物列車がやって来ました。カメラの充電が切れるんじゃないかと不安になるくらいでした(笑)それでは次回の更新もお楽しみに!
-オマケ-
16:23 9582レ 黒磯訓練 返却
帰り際に情報が入ったので、急遽王子で降りて撮影しました。  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 19:57Comments(0)しゅう

2019年10月20日

北陸旅行記〜最終章〜NAGADEN

みなさんこんにちは、しゅうです。今回で北陸旅行記も最後。3日目は一体どのような旅になったのでしょうか?それではどうぞ!
〜9/8の記録〜
最終日は長野電鉄完乗&撮影スポット巡りをしました。
早速1つ目のスポット、村山駅近くの公園へ。
この日も快晴で、綺麗な写真を撮ることができました。
一旦、湯田中まで乗り通した後、信濃竹原まで戻り、湯田中まで撮影スポットを巡りながら6kmの道のりを歩きました。2つ目のスポットは夜間瀬(よませ)鉄橋。
ここでは特急(?)スノーモンキーがやって来ました。成田エクスプレスが山の中を走っているようで、とても違和感がありました(笑)かなり疲れていましたが、気を取り直して3つ目のスポット、りんご畑(名前忘れた)です(笑)
ここでは特急ゆけむりがやって来ました。
見ての通り元ロマンスカーですね。個人的に長電で1番好きな車両です。ぶどう畑、りんご畑を抜けるとようやく湯田中駅に到着。
銭湯で疲れを癒やし、昼食を食べてとうとう帰路に。帰りは特急ゆけむりで長野までぶっ飛ばします。
やはり特急は快適ですね(笑)
というわけで今回の更新は以上です。6kmも歩くような旅はもうしません(汗)それでも、とても良い記録になったと思います!それでは次回もお楽しみに!
-オマケ-
姨捨の車窓はスゴイ  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 23:32Comments(0)しゅう

2019年10月20日

北陸旅行記〜第二章〜富山の難読路線

みなさんこんにちは、しゅうです。今回は北陸旅行記第二章です!早速ご覧ください!
〜9/7の記録〜
2日目の目的は、氷見(ひみ)線、城端(じょうはな)線の乗り潰し。朝から早速金沢を出て富山入り。高岡から氷見線に乗車。富山湾を横目にキハ40系気動車が唸ります。
一旦、雨晴(あまはらし)で降り、海岸へ。この日は晴天に恵まれたため、非常に美しい景色を楽しむことが出来ました!
この画像だと分かりにくいですが、列車と海を絡めて撮影する事もできます。(この場所だと夕方がいいかも)
海岸での絶景を楽しんだ後、氷見まで行って折返し高岡に戻ります。これにて氷見線の乗り潰しは完了!
続いては城端線です。氷見線と同じ形式の車両が使われてるみたいです。城端線は高岡から氷見線とはほぼ真反対の南に向かって伸びているため、海は全く見えず、少し遠くに山が見える田園地帯を走る路線という感じでした。

画像は城端駅。意外とキレイでした(笑)
駅近くのコンビニで昼食を調達。城端から折返し再び高岡に戻ります。気動車に揺られながらのんびりとランチタイムを過ごしているともう間もなく高岡。これにて城端線も乗り潰し完了!
ここからいよいよ3日目の目的地、長野に向かいます。っとそのまえにちょこっと寄り道。筒石駅で降りてみました。なんとこの筒石駅、トンネルの中にあるんです!
全国でも珍しいのではないでしょうか?因みに駅構内はめちゃくちゃ寒かったです(笑)
おっと、そろそろ真面目に長野に向かいます。あいの風とやま鉄道→越後ときめき鉄道では、車窓に映る日本海がとても綺麗でした。
また道中、車内に「濃霧のため列車のスピードを落として運行しています」なんていうこの地域ならではの放送が流れたりもしました。直江津を過ぎ、眠たくなってきた頃にはもう長野。

最終日に備えて、おやすみなさい☆彡
というわけで、今回の更新は以上です。最終章もお楽しみに!  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 22:17Comments(0)しゅう

2019年10月19日

北陸旅行記 〜第一章〜能登半島のローカル線

みなさんこんにちは、しゅうです。今回は、9/6〜9/8に行った北陸旅行の記録を数回に分けて紹介したいと思います。それではご覧ください!
〜9/6の記録〜
朝焼けに染まる安城駅を出発。空には綺麗な虹が架かっていました♪
米原で北陸本線に乗り換え。近江長岡では私の大好物も見られました(笑)
また、敦賀付近の車窓からは北陸新幹線の工事現場が見えました。
福井で再び乗り換えていよいよ金沢へ。
金沢に到着!世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた駅なんだそうです。とっても立派な駅でした。
次の列車まで時間があったので、駅近くの商店街へ。1食2600円もする海鮮丼を食べました(゚∀゚)しかし、その値段だけあってめちゃくちゃ美味しかったです‼
商店街を回った後まだ時間があったので、金沢駅まで戻ってホームで時間潰し。花嫁のれん始め色々と記録できました。

初日ラストは七尾線→のと鉄道乗り潰し。
道中の車窓から見える七尾湾がとても綺麗でした!
というわけで、今回の更新は以上です。第二章もお楽しみに。  

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 13:54Comments(0)しゅう