2021年03月10日

年に一度の愛環検測(2021)

皆さんこんばんは。広報の堀尾鉃道です。
新学期も近づき、本同好会がどんな所か気になっている新入生もいらっしゃるでしょうから、ブログ投稿頻度を上げて盛り上げていこうと思います!

年に一度の愛環検測(2021)
本日の記事は新鮮!昼に走ったばかりの検測列車についてのお話です。

検測列車とは、線路や架線(電車に電気を供給するための電線)の状態を確認するために運転する列車です。
新幹線の検測列車は有名で、ドクターイエローと呼ばれて親しまれていますが、それの在来線版です。
(ドクターイエローに対してドクター東海と呼ばれたりもします)
豆知識:新幹線の検測列車は電車(923形)で運転されますが、在来線の検測列車は非電化区間にも入れるように気動車(キヤ95系)で運転されます。

愛知環状鉄道では、年に2回JR東海に運行業務を委託して全線1往復検測列車を運転します。
では何故タイトルに年に一度と書いてあるかと言うと、もう1回(9月)の検測は深夜に行われて乗客は見ることができないからです。
我々撮り鉄にとっては年に一度、春の風物詩とも言えます。
さて、列車の紹介はここまでにして本日の話に移りましょう。

年に一度の愛環検測(2021)
まずは八草駅へ。今日は天気が良かったのでサイクリングも兼ねて行きました。
ホームに入ると、既に同業者が5名ほど。平日昼にしては多くて驚きました。

年に一度の愛環検測(2021)
接近放送が鳴り、瀬戸市方面のトンネルを見ると、特徴的な黄色い顔が登場!
気動車特有のエンジン音を鳴り響かせ、ホームに停車しました。
八草駅では普通列車と交換(単線区間で列車の行き違いを行うことです)を行うので、3分ほど停車してくれます。

年に一度の愛環検測(2021)
リニモを絡めることで、八草らしい写真になりました。

年に一度の愛環検測(2021)
しばらくすると、新豊田方面から普通列車が入線し、ホームに停車!
少しの間ですが、愛環の普通列車とJR東海の検測列車の並びを撮影することができました。

年に一度の愛環検測(2021)
その後は普通列車で三河上郷へ移動。
この駅も八草駅同様、列車交換を行うために停車するので、復路はここで撮影することにしました。

年に一度の愛環検測(2021)
しばらく待つと、再び検測列車が入線!
普通列車との並びを撮ることができました。(余談ですが、八草駅で交換した列車と同じ車両です)

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、タイトルは2年前に投稿した記事と同じにしました。
前回は新豊田、四郷、瀬戸口で撮影したので、今回は撮影駅を変えてみました。
是非、前回の記事も読んでみてくださいね。
それでは、次回の更新もお楽しみに!



同じカテゴリー(堀尾鉃道(OB))の記事
N700S初乗車!
N700S初乗車!(2021-06-30 20:51)

これでもかとSR④
これでもかとSR④(2021-04-29 16:24)


Posted by 豊田高専 鉄航研  at 22:05 │Comments(0)堀尾鉃道(OB)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。