2019年08月30日

1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編

どうもRockmoon,Bです。
前回からの続きです。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
キャノピーのマスキングテープを剥がしていきます。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
パイロンにミサイルを付けていきます。画像のAAM-4中距離空対空ミサイルの場合直接では付けるのは難しいのでステンレス線を穴あけして付けてから接着しました。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
ピトー管は課金して金属製エッチングパーツを使用します。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
フラップや増槽、ミサイルを取り付けて遂に完成!
搭載装備は胴体から翼端へ順に増槽、AAM-4中距離空対空ミサイル、ASM-2空対艦ミサイル、AAM-5短距離空対空ミサイル、AAM-3短距離空対空ミサイルを搭載しました。全く実践的な搭載例ではありませんがこれらのミサイルは全て日本製のミサイルなのでロマンに溢れていますね。

1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
(↑元ネタ 最初は嘘かと思いましたが本当に岐阜基地の飛実団はこんな装備をF-2Bにさせて飛行実験してました。)

1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
公式側
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
非公式側
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
正面
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
後方
アフターバーナーが何ともエモいこと!
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
コックピット周り、後席パイロットは敬礼しているポージングにしました。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
F-15Jと並べてみました。
F-2Bも十分大きいですがF-15Jさらに大きいですね...
四月から製作を初めて無事完成することができました。


次回作は...
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
久しぶりの第二次世界大戦機である旧日本陸軍戦闘機の川崎 五式戦闘機です。

五式戦闘機について簡単に説明すると「飛燕」でお馴染みの三式戦闘機のエンジンを整備が難しく構造が複雑な液冷エンジンから空冷エンジンに換装させてできた戦闘機です。
1/48 F-2B初号機プラモ製作 ④ 完成編
↑飛燕(岐阜かかみがはら航空宇宙博物館にて撮影)
お楽しみに

では今回はここまでで。



同じカテゴリー(Rockmoon,B)の記事

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 22:28 │Comments(0)Rockmoon,B

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。