2019年08月27日

石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編

夏休みのブログ更新頻度高すぎw
どんだけ夏休み暇してるのww
どうもバン兄ちゃんですーーーーー

さてさて 石川旅行から帰宅して参りました
帰り道にも面白い場所に寄る予定だと
行き編で言いました。
というわけで行ったところは...
道の駅山中温泉 ゆけむり健康村です。
これを聞いてわかる人がいれば相当すごいと思います
ウィキペディアにもありますが
ここには北陸鉄道6010系(後に譲渡され大井川鐵道6010系)が静態保存されています
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
クモハ6011 ゆけむり健康村にて
いやぁー サビが目立ってはいますが
パンタグラフが立っていることや 車内立ち入り可 などが素晴らしくいいですね。
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
車内の様子です
全て転換クロスシートです
全ての座席 動くようです
(実際動かしてみました...古くて重かったです...)
名鉄のSR車 5300,5700系を思い出させるようですね 車内の見た目は。
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
扇風機完備の車輌です
なんせ引退は20年ぐらい前なんですから
エアコンなんてありませんね。
スイッチも全ての扇風機に1つずつ壁に付けられていてON OFFのみのようです。
(これも押して見ましたが、カチッ カチッと独特な音と感触です)
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
運転台はこんな感じです
名鉄では今も見られるツーハンドルマスコンですね。マスコンも動きました。(一瞬ほんとに走り出すのではないかと心配で..w)
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
ブレーキハンドルの手元には
日本車輌 名古屋 の文字が!
これは現日本車輌本社の隣にあった旧名古屋製作所でできた車輌で、工場はもう無いため
もう 日本車輌 名古屋の文字のを残す数少ない車輌の1つです
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
車輌の境目 車体にもそれぞれエンブレムが貼ってありました。
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
車輌番号もかっこいいですね...
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
未だに現役時代の内装がそのままで趣が感じられますね...
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
隣の道の駅で こんなものが展示されていました
ナンバープレート エンブレム 運転室立ち入り禁止表示 しらさぎの歴史などなど... これも見入ってしまいました
石川温泉旅行の際の寄り道 帰り編
こちら側はクハ6061です
そういえばこれは北陸鉄道時代は直流600V
大井川鐵道時代直流1500Vに変更された歴史があるそうですね

ここでソフトクリームを買って帰ってきました
行きの寄り道 帰りの寄り道 どちらも鉄道に関係した場所に寄れました!
本命の温泉旅行もしっかり楽しめて
素晴らしい2日になりました!

そろそろブログの内容 やばいかな??w

現在 名鉄1DAYフリー切符の旅 もブログにしています
そちらも①から⑥まで出来上がってますのでご覧ください
特に⑤の人気がとっても高く、私でも分からないとっても面白いポイントが含まれているようです
(私は特に意識してませんが...)
コメントもどしどしお願いします

次回もお楽しみにーー


同じカテゴリー(バン兄ちゃん)の記事

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 22:57 │Comments(0)バン兄ちゃん

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。