2012年11月28日

KATO製C11形蒸気機関車改造記録

 KATO製C11形蒸気機関車。

とてもお手ごろな値段で手に入る蒸気機関車モデルとして有名(?)ですが、よく目を凝らすと荒っぽさが目立つモデルでもあります。
そこで簡単な改造を施してみようと思い行いました。(実は土曜日には完成していましたが・・・。)


今回の改造は以下のとおりです。
①カトーカプラー対応の重連化対応改造
②開放テコの設置
③汽笛の別パーツ化

重連カプラーと汽笛は同じくKATO製のC55形蒸気機関車のものを使用しました。
重連カプラーは先従台車に接着、汽笛は元のC11の汽笛のモールドを削りピンバイスで穴を開け差込接着しました。
開放テコもピンバイスで開けた穴に差込固定しました。

↓完成写真(手前未改造、奥改造)
KATO製C11形蒸気機関車改造記録 

今後の課題
・重連カプラーのナックルカプラー化
・ランボードの白色差し
・いわゆるクルクルパーの設置
・窓設置
・反射板設置


同じカテゴリー(ひぃ(OB))の記事

Posted by 豊田高専 鉄航研  at 23:42 │Comments(0)ひぃ(OB)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。