2018年07月30日

愛環に211系が!!


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
定期試験真っ只中ですが、昨日はRahyuと愛環のおいでん臨を撮影してきました。

まずは高蔵寺駅へ。昨日は木曽あずさの運転日だったので、6番線で送り込み回送を撮影しました。山の風景と愛環への分岐が高蔵寺らしいです。

愛環の時刻表を見ると、1本だけ6番線発の列車があったので待ってみることに。
すると…

回送幕の211系が入線してきたではありませんかwww

すぐに多くの同業者が集まり、撮影を始めました。なんと、横の道路から撮影している人もいましたw
あまり時間が無かったので、乗務員交代の光景を撮影し、すぐに乗り込みました。

我々は瀬戸口駅で下車し、岡崎方面へ発車する211系を見送りました。
瀬戸口駅の岡崎方は障害物が少なくて撮りやすいです。

後続の列車で四郷駅へ。211系は対向列車を待つ為しばらく停車していました。
浴衣姿の乗客が列車を待つという、おいでん臨らしい情景も撮影することが出来ました!

その後、私は花火を見る為Rahyuと別れました。花火帰りは211系運用の列車を選び、新豊田駅の駅名標と共に撮影しました。

さて、明日も試験です。211系に元気を貰って残りの3日間頑張ろうと思います。
本日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  » 続きを読む


Posted by toyota-tekken  at 23:05Comments(0)堀尾鉃道

2018年07月22日

キット完成報告

こんにちは。せいかいくんさんです。
普通高校は夏休みに入ったらしいですが高専は間もなく定期試験を迎えます。
え?何でこのタイミングでブログ書いてるかって?いや…息抜きしないと辛いもので…

●完成車輌の紹介
さで、前置きが長くなってしまいましたが、先日Nゲージのキットが完成したので軽く紹介します。

今回組み立てたのは国鉄72系電車の4連です。基本的にはグリーンマックスのエコノミーキットの素組みですが、連結器のみTOMIXの台車マウント密連TNカプラーに交換しました。

クモハ73形をアップで。この車輌に動力ユニット(鉄道コレクションTM-17)を組み込んでいます。このゴテゴテした雰囲気が個人的には好みです(渋い)。

既に入線していた旧型国電たち(これらもキット)との一枚です。テスト終わったら貸レ行きたいな~
●小ネタ
旧型国電の個人的な魅力の一つが異形式による混結です。旧型国電同士なら性能上、連結相手を選ばないというトンデモ仕様により、

(左:サハ78形(4扉)、右:クモハ41形(3扉))
関西ではかつてこのような混結が見られたそうですし、

(左:サハ48形(2扉)、右:モハ72形(4扉))
理論上はこんな混結も余裕で可能です。(ただし乗客からは不評の嵐でしょうけど…w)

今回の内容は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。
(テスト頑張ります…)
  

Posted by toyota-tekken  at 12:57Comments(0)せいかいくんさん

2018年07月14日

新入生歓迎会2018

皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
昨日は新入生歓迎会を開催したので、その様子をお伝えしていこうと思います!

例年は5〜7月にセントレアへ行くのですが、今年は会員の都合がなかなか合わず、金曜日の部活が終わった後に豊田高専近くのインド料理店「ポカラ」で行うことになりました。
豊田高専から徒歩10分という好立地に加え、ビュッフェ形式で食事1000円、ドリンクバー200円と格安に食べられることから当同好会以外にも多数の高専生が食べに来ており、客の約半数が高専生でした(笑)

部活が終わった後に図書館下のミーティングスペースに集合し、皆で雑談しながら向かいました。現地集合の会長さんも合流し、総勢10名(うち新入生5名)で入店しました。今年は1年生が5人も入ってくれて嬉しいです(*´ω`*)

雑談しながら食事し、食べ終わった後はそれぞれ過去に撮影した写真を見せ合って盛り上がりました!
(写真は1年生が持ってきてくれた名鉄2200系と4000系のBトレ)
盛り上がっている最中でしたが、寮生の点呼の都合上20:30に退店して高専に戻りました。(Rahyuと私だけその後30分くらい雑談していたのは内緒)

1時間半という例年と比べて圧倒的に短い時間でしたが、会員同士の親睦をより一層深められて良かったです!
親睦が深まった所で、夏休みの作業及び遠征を円滑に進められたら良いなと思います。
本日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by toyota-tekken  at 20:44Comments(0)全体

2018年07月04日

「半分、青い。」明知鉄道の旅

皆さんこんばんは、お久しぶりです。
広報担当の堀尾鉃道です。
最近は後輩が積極的に書いてくれて嬉しい限りです。
さて、私は先週の土曜日に明知鉄道に乗ってきました!

恵那駅で岩村駅までの硬券フリーきっぷを購入し、乗車しました。
本来は明智駅までの全線フリーきっぷしか販売されていないのですが、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の放送記念で特別に販売されていました。


ホームで列車を待っていると、4月に運用開始したばかりのアケチ102が入線してきました。赤い塗装の車体が特徴です。


新車の香り漂う車内に入ると、車両銘板を発見しました。
近年はステッカーが使われていることも多いのですが、昔ながらの国鉄フォントで表記されたプレートには明知鉄道のこだわりを感じました。(JR東海も同様のこだわりが見られますね。)


自家用車に抜かれる程のんびりと走る車窓をしばらく眺めていると、列車は阿木駅に到着しました。
阿木駅にはかつて使われていたホームの遺構が残っており、草に覆われて自然に還りつつありました。


田園風景を眺めていると、列車は岩村駅に到着しました。
恵那市岩村町は「半分、青い。」に登場する商店街のロケ地となった町で、江戸時代から続く古い町並みが残っています。
そんな町の玄関口となる岩村駅にも昔ながらの駅名標と腕木式信号機が残っています。


岩村駅では列車の交換が行われるので、このように列車が並ぶ風景も撮影することができます。
この日の明知鉄道は子どもたちで賑わっていました。


次の列車は1時間半後だったので、1.3km先にある極楽駅まで歩きました。
極楽駅は2008年に新設された駅で、ホームにはかつて万博八草駅のホーム拡張に使われていたものが再利用されています。
しばらく待っていると、「半分、青い。」塗装の列車が入線してきたので、ホーム端から撮影しました。


その後は最古参のアケチ10に乗って恵那駅まで戻りました。
(恵那駅手前の東野駅辺りから豪雨が降ってきて大変でした…)

短い間でしたが、のんびり走る気動車に乗るという非日常体験が出来て充実した旅になったと思います。
皆さんも一度明知鉄道に足を運んでみてはいかがでしょうか?
ということで、本日の更新は以上となります。次回の更新もお楽しみに!  


Posted by toyota-tekken  at 21:01Comments(0)堀尾鉃道

2018年07月01日

吊り掛けはいいぞ 〜(ry)〜その2

どうもお久しぶりです、Rahyuです。生きてます。もう撮りに行った時って二ヶ月も前なんですね...(遠い目)ほんと小テストや中間試験で忙しかったんです。すいません。(言い訳)というわけでその2です。
《30日》
30日はずっとホーム上から撮ってました。

まずは練習も兼ねてさぎの宮駅にてモハの一本前の1000形を撮影。日陰になっちゃうけど仕方ないな、と思っていたんですが、撮ってみると割といいんじゃないかと思えるものになりました。
そして、次に来たのがモハ25号でした。(まぁ時間調べて行ったので知ってたけど)

新浜松側から入線してくるのは駅の構造上綺麗に撮れないので、西鹿島方面に発車して行ったとこを撮りました。
その後は電車で隣の積志駅に移動をし、新浜松に戻っていくモハを待ちました。
積志駅は微妙にカーブしているので、西鹿島行きの車両だと一両しか撮れません。

しかし、新浜松行きの車両だとうまいこと二両全て収めることができます。

1000形と2000形(JAとぴあ浜松ラッピング)の並びですね。
あと、おそらく積志駅の近所の人が、今回の勇退記念の前ので買ったと思しきヘッドライトを道においていたりしていました。ガチですね。

しばらく積志駅ホーム(西鹿島寄り)で撮っていましたがやっぱり新浜松寄りの方がいい、と思ったのでそっちからうまく撮れる場所を探して撮ってました。
一度ここどうなんだろうと思ったのが、線路横にあるトイレに行くための通路だったんですが、撮れる範囲が狭かったので一度撮るだけで結局ホームに戻りました。

しばらくして、モハの来る時間になりましたが、いつも通り駅舎側に入線するのか、それとも例外で反対側に入線するのか分からず、ポイントを頼りにしながらどっちにくるのか推測していました。(この時積志駅に駅員がいなかったので放送がなかったんです。)結局いつもと反対側に入線して来たのであまり綺麗には二両とも写真に収めることができませんでした。

最終的に積志駅のホームに上がるための階段付近で撮っていました。

とても車両に近かってので迫力のある写真が撮れました。

(一応発車していく画像と望遠で撮ったものも)



積志駅で新浜松行きのモハを見送った後昼食をとるため一度帰宅、その後新浜松駅に行きました。(最後モハ撮ってそのまま寮に戻るつもりだったので)
今回は練習は無しで撮りました

↑↓入線の様子です

入線の様子を撮影した後は、車両側面や内装を撮りました。
車内の広告スペースに編成形式図や古い写真などが飾られていました。

編成形式図

↑↓車体に白線がないことからおそらく1983年(Wiki情報、よく知らなくてすみません)より前の写真と思われ

車内の様子です

ものすごく椅子がふわふわで座り心地がとても良かったです。
回送幕と尾灯点灯

15:30にホーム閉鎖になってからは一番線からしばらく撮ってました。

これで遠州鉄道モハ25号勇退記念特別列車の撮影の様子は終わりです。
ただ最近ツイッターでモハ25号の廃車の様子が乗せられていてものすごく心が痛いです。画像をしっかり見れないほどです。どうやら5日前ほどに完全に解体が完了したようです...
個人的には保存しておいて欲しかったですね。  


Posted by toyota-tekken  at 16:16Comments(0)Rahyu