2014年01月08日

今年の年越し工作。

こんばんは、ヒロシです。

去年の年越しは、電車なんかを作りながらでしたが、今年は…



はい、F-107です。みんな知ってるね。

木製のソリッドモデルです。

プラモの出てない機種を選んだつもりが、探したら出てしてました。残念。

木材を削って、表面をパテとサフで仕上げて塗装しました。

・・・と言ってしまえば簡単に見えますが・・・

形になるまで散々苦労しました。

実機よりだいぶ太ってますが、修正する気力がないのでそのまま。

塗装もいろいろアレですが目をつむってます。



裏面はシンプル。手抜きとも言う。

お腹に付いてるのは増槽ではなく、他ならぬ核爆弾なわけです。

インテークが下にあると、乱気流によりコイツの投下に影響を及ぼすため、

インテークが上にある変態変則的配置になりましたとさ。

元は実機どおり右主翼にUSAFの文字がありましたが、

何故かクリアを吹いたらしわくちゃになって剥がれてしまい、

仕方なく再塗装してまっさらに。

銀の下地に赤は全く定着してくれず、

マスキングを剥がすとだいぶ持っていかれることも。


・・・こんなことをやりながら、お正月を過ごしました。

今年も宜しくお願いします。(遅い)






ホントは飛行機だけじゃなかったんですが、

こっちはまだ暫く掛かるかな…  


Posted by toyota-tekken  at 01:40Comments(0)ヒロシ(OB)

2014年01月07日

鉄研、冬の遠征。

明けましておめでとうございます。ヒロシです。

去る12月27日、久しぶりの遠征として大井川鉄道に行ってまいりました!

3年前にも行ってるので2回めです。

朝8時半に金谷に集合いたしまして、さっさと千頭に向かいます。

前回は運休で乗れなかった井川線に向かいます。



千頭にて。小さいです。

手前から二両目に、何やら妙な車両が挟まっています…



車内はこんな感じ。クロスシートですがやたら狭いです。

乗り心地はまさに貨車ですが、ストーブがあるので寒くはないです。

右は岩肌、左は谷底な景色が延々と続きます。



1時間以上掛けて、終点の井川駅。



工事用鉄道時代?の怪しげな遺構があったり。



妙な車両ですが…夏季用のオープンデッキ車?

なんでこんな寒い時に走ってるんでしょう。

行きは普通の車両に乗ってきましたが帰りは乗っちゃいました。



寒い!特にトンネル内…

それにしても、凄い絶壁を走ってます。



景色はいいです。が、寒い!



千頭に帰ってくると、あったかいのが待ってました。

もちろん乗ります!



C10 8号機ですね。大井川で一番古い機関車です。

あれ?これもなんか二両目に変なのが…

何と、下り列車に団体客が乗っていたため、団体用の展望車が!

300円の追加料金で乗れるそうです…



まあ、乗りますよね。私とひぃ氏とK-TA氏の3人は展望車へ乗り換え。

わぁ、豪華!!(パッと見だけは)

テーブルくらい統一してください…



展望席からの眺め。寒い!

目の前にゴツい機関車、煙がモロにかかってきます。

これは楽しいですが、寒い…



1時間ほどで新金谷。こんなんに乗ってました。

電車を改造したということですが、結構それっぽいですね。



新金谷には最近になって転車台が設置されました。

えーと、音楽が流れるのが印象的でした。
展望車といい、微妙にずれたセンスが素晴らしい!

回転はずいぶんゆっくり。転車台というより、ディスプレイ台のような扱いでしょうか。


後輩組はここまでで解散ですが、私&ひぃ氏&K-TA氏は千頭に引き返し、民宿に泊まります。

フリーきっぷがなぜか2日分しかないので、2日乗らないと損だもんね。




二日目、とりあえず千頭から新金谷に向かい、留置線を見に行きます。

これは、元名鉄の3800系を改造した展望車です。

原型を留めないというか、無残な姿ですが、これが最後の現存車なんだとか。



さらにこんなものも。C11 312号機の廃車体です。

元は動態で走ってたらしいですが、今では部品取り状態。

見えてませんが、奥には C12 208号機の廃車体もあります。



新金谷に戻り、元京阪の3000系を。

引退が決定したらしいです。

微かに期待しましたが2日とも動いてくれませんでした。

車体はそんなに汚くないですが、足回りなんかがもう限界なんでしょうか。



その後食料を調達して再び千頭に戻り、少々散策します。

これは元岳南鉄道の1100系だそうで。

汽車会社のステンレス車の試作的存在らしく、

前面と側面の接合部など今では見られない処理ですね。



元西武の311系らしいです。

テールライトが無いので妙な感じ。

タレ目の湘南顔、ワイパーの出っ張りも相まってニッコリ笑ってます。

車内には自販機が残されてました。



元近鉄の420系だそうです。

コレも反対側がテールライト無しでした。

同じ近鉄車の16000系にでも流用したんでしょうか。

どちらも非冷房の吊り掛け車で、今後走ることは無いのでしょう。



そうこうしてるうちにSL列車が。

今度はC11 190号機です。後部補機付き。

補機の運転士が「パンタが走行中勝手に上がっちゃって困った」とか話してましたが、大丈夫…?





運転室に入れてもらっちゃったりしてました。



乗ったのはオハ35系客車。木製の内張りが素敵でした。


これで新金谷に帰り、ようやく終了。長かった…

帰りは特別快速が笠寺に止まってくれてウルトラハッピー!


高学年勢は多分これが最後の遠征となりました。

そろそろ高専は受験が始まりますね。

後輩たちが頑張ってくれるので、来年度の新入生もぜひ鉄研へ。

それでは。

  


Posted by toyota-tekken  at 22:41Comments(0)全体

2014年01月06日

謹賀新年



あけましておめでとうございます。
本年も豊田高専鉄道航空研究同好会を宜しくお願い申し上げます。


平成26年の授業も、今日から始まりました。

今年はヒロシ、ひぃ、K-TAの3名が卒業で、
鉄航研内での「第3世代目」にあたる、こーすけ、しらさぎ達にバトンタッチします。

今年の鉄航研は何か変わるのかな?


挨拶の画像は、衣浦臨海鉄道のフライアッシュ貨物です。
私K-TAが元日に初撮りした写真です。
毎年、年越しは碧南で過ごしているので、初撮りは必ず衣浦臨海です(笑)

一方、昨年の撮り納めは12月の大井川遠征だったのですが、その記事はまた書きます。

では。
  

Posted by toyota-tekken  at 22:04Comments(0)全体