2018年10月13日

着色済みエコノミーキットの製作 後編

こんにちは。せいかいくんさんです。
この記事は前回の「着色済みエコノミーキットの製作 前編」の続きとなります。前編をお読みになっていない方は「記事一覧」からご覧ください。
さて、後編では台車などを取り付け、更に簡単なディテールアップを行い車輌を完成させます。
●車体への色差し

今回はこちらの塗料(タミヤのエナメル塗料各種)を用いました。

ニュートラルグレーで主抵抗器を、

クロームシルバーで前照灯を、レッドで尾灯を、それぞれ塗ります。基本的には筆塗りですが、尾灯はかなり小さいので、爪楊枝の先に塗料を少量だけ付けて塗ると良いと思います。
●台車の改造

こちらはキット指定の台車、TR23です。初期状態ではアーノルドカプラーが付いていますが、

これをTNカプラーに変更します。

台車をこのように解体し、アーノルドカプラーをTNカプラーに差し替えるだけでOKです。
ただしTNカプラーの台車側のピンが長く、そのままでは首を振ってくれない場合があるので、このピンは切断します。

こんな感じになります。
●最終組み立て~完成
先程の台車、及びパンタグラフを取り付け、車輌マーク(インレタ)をいれれば……

完成です。

正面から。

側面から。主抵抗器への色差しがいい感じにエモいです。ちなみにセミクロスシートに改造された車輌を想定したため、車番はクモハ51としています。
●あとがき
いかがでしたでしょうか。着色済みならではの苦労もありましたが、楽しく作業することができました。
着色済みエコノミーキットで、キット製作の楽しさを一人でも多くの方に知ってもらえたらと思います。

ところで、3週間後の11/3(土)と11/4(日)はこうよう祭です。巨大ジオラマや乗用鉄道模型を始め、私のNゲージ車輌も展示する予定なので、皆様ぜひこうよう祭にお越しください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
  

Posted by toyota-tekken  at 15:55Comments(0)せいかいくんさん

2018年10月13日

着色済みエコノミーキットの製作 前編

皆様お久しぶりです。せいかいくんさんです。
今回のネタはこちら。

グリーンマックスが工作派模型鉄たちに激震を与えた(?)着色済みエコノミーキットですが、未だに製作記が存在しないようなのです…。そこで今回は、着色済みエコノミーキットの作り方を、「クモハ41形制御電動車(茶色)」を例に紹介してみたいと思います。
なお、私もまだまだエコノミーキット初心者であり、多少雑な点があるかと思われますがご了承ください。
●準備
とりあえず開封し、中身を見てみます。

屋根と床板、それに側面と前面と妻板のランナーに色がついていますが、それ以外は通常のエコノミーキットと同じ感じです。説明書も実車の解説が一部削除された以外、エコノミーキットのままでしたw

そして今回用いた別売パーツと、接着剤の一覧です(一部は後編で使います)。瞬着使わないのかと思われるかもしれませんが、瞬着は乾燥する際に周囲を白化させる場合があり、既に塗装が完成しているこのキットで使うと塗装し直しになる羽目になります。
●屋根と床板の製作

まずはランナーからパーツを切り出しますが、塗装面に影響を与えないようにゲートの途中で切断します。余分のゲートやバリは紙やすりで削り落とします。カッターやニッパーで深追いしようとすると塗装面に跡がくっきり残ってしまいます。

ベンチレータのバリが凄いことになっていますが、気合いで乗り切りましょう(汗)。コツとして、ベンチレータの側面を上から下に向けてやするとバリが下に折れるので、これをカッターで切り落とすと上手くいきます。

屋根の裏からパーツの取り付け穴を貫通させます。使わない穴もいくつかありますので、開ける穴を間違えないよう説明書をよく見て行いましょう。

各パーツを接着し、屋根の完成です。ちなみにランボードをゴム系接着剤で、他はタミヤセメントで接着しています。

床板については通常のエコノミーキットと同様に組み立てます。ウエイトをゴム系接着剤で接着し(オモリドメというパーツがありますが、効果がありません)、床下機器は左右に注意してタミヤセメントで接着します。床下機器の上面は軽めにやすると良いでしょう。
●車体の組み立て~完成
さて、ここからが正念場です…。
ランナーをアップで。

14箇所に及ぶゲートを…

塗装面に一切影響を与えずに…

紙やすりで処理します。ちなみに、

私はこのように紙やすりを木片に巻いてやすりますが、こうしたゲートの処理は木片の角の部分を用いると上手く行きやすいですね。

やすり作業を終えたら一度テープで仮組してみます。今回は仮組で、前面と妻板の幅が屋根に対して広いことが発覚し、やすって調整しています。

仮組とその調整に満足したら、L字に組み、

続けて口の字にします。接着の際、接着剤が塗装面にはみ出ると見栄えが悪くなるので、ここでも要注意です。

屋根は反っていることが多いので、テープで側面に密着させたうえで流し込みタイプのタミヤセメントで接着します。

最後に窓と貫通幌をゴム系接着剤で固定し、車体の完成です。

前編はここで終了となります。
後編「着色済みエコノミーキットの製作 後編」では台車やパンタグラフの取り付け、そして簡単なディテールアップを紹介いたします。

後編をお楽しみに……





  

Posted by toyota-tekken  at 13:31Comments(0)せいかいくんさん

2018年08月24日

エコノミーキット旧型国電に座席をつけてみた

こんにちは。せいかいくんさんです。
今回もNゲージネタです(Nゲージネタしか書いて無い気が…まあいいや)。

さて、私が今も量産を続けるグリーンマックスの旧型国電エコノミーキット達ですが、キットの素組では車内の表現が無く、銀色のウエイトが見えるだけです。
なので、今回はプラ材を用いて座席を再現してみました。

●材料と準備
今回のキーアイテムはこちら。

お馴染みタミヤのプラ材から、今回は3mmのL形材をチョイス。これで座席を再現します。
また、写真がありませんがプラ板も用意します。後述する理由により、透明の物を用意すると作りやすいです。また、厚さは0.4mm以下をおすすめします。

正確な作業のために欠かせない設計図。この写真は今回の作業にあたって私が作成した物です(見ずらいですがご了承ください)。
実車写真などを元に作成しましたが、一部異なるかもしれません…(まあ雰囲気が出せればいいかな…)

●組み立て
先ほどの設計図を元に材料を切りだします。
L形材は普通のプラ棒と比べ切りにくいですが、

このようにカッターマットの角に合わせて切ると少しはマシになります。

一両分の材料を全て切り出すとこんな感じです(今更ですが作例はクハ55形です)。
続いて透明プラ板の床にL形材の座席を貼り付けて行きますが、固定する位置を一両ごとにプラ板にけがくのはあまりに面倒ですよね。

ここで透明プラ板が威力を発揮します。このように実物大の設計図の上に床板を重ね、透けて見える設計図に沿って座席を貼り付けるとかなり楽になります。

座席の貼り付けを終えるとこんな感じです。本来ならこれを塗装しなければなりませんが、悪天候続きのため今回は省略し、後日行います。

最後に、ウエイトに両面テープで固定し、シャーシを車体に組み込んで完成となります。
普通に見ても分かりづらいですが、

貫通扉から車内を覗くとこの通り。ウエイトが目立たず、よりリアルにできました。

●あとがき
安価で、手を動かして楽しめるエコノミーキットは大好きですが、素組での出来ばえが完成品には遠く及ばないことが難点でした。しかし今回のようにディテールアップを重ね、いつか完成品に勝る車両を製造できるようにこれからも頑張ろうと思います。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

●おまけ

立山に行って来ました。
トロリーバス54年間お疲れ様でした。  

Posted by toyota-tekken  at 20:32Comments(0)せいかいくんさん

2018年07月22日

キット完成報告

こんにちは。せいかいくんさんです。
普通高校は夏休みに入ったらしいですが高専は間もなく定期試験を迎えます。
え?何でこのタイミングでブログ書いてるかって?いや…息抜きしないと辛いもので…

●完成車輌の紹介
さで、前置きが長くなってしまいましたが、先日Nゲージのキットが完成したので軽く紹介します。

今回組み立てたのは国鉄72系電車の4連です。基本的にはグリーンマックスのエコノミーキットの素組みですが、連結器のみTOMIXの台車マウント密連TNカプラーに交換しました。

クモハ73形をアップで。この車輌に動力ユニット(鉄道コレクションTM-17)を組み込んでいます。このゴテゴテした雰囲気が個人的には好みです(渋い)。

既に入線していた旧型国電たち(これらもキット)との一枚です。テスト終わったら貸レ行きたいな~
●小ネタ
旧型国電の個人的な魅力の一つが異形式による混結です。旧型国電同士なら性能上、連結相手を選ばないというトンデモ仕様により、

(左:サハ78形(4扉)、右:クモハ41形(3扉))
関西ではかつてこのような混結が見られたそうですし、

(左:サハ48形(2扉)、右:モハ72形(4扉))
理論上はこんな混結も余裕で可能です。(ただし乗客からは不評の嵐でしょうけど…w)

今回の内容は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。
(テスト頑張ります…)
  

Posted by toyota-tekken  at 12:57Comments(0)せいかいくんさん

2018年06月09日

GM 都会型島式ホームセットを作る

こんにちは。五月病によりテストが死亡したせいかいくんさんです。
この度、5月初旬に買ったホームのキットをようやく完成させることができたので、今回は私流の工夫も含めた製作レポートとしたいと思います。

●使用したもの

ベースキット:グリーンマックス 2117番 都会型島式ホームセット

塗料:写真見て判断して(投げやり)
工具:ニッパー・カッター・1.6mmピンバイス・マスキングテープ

●工程1 ホームの組み立て
とりあえず取説の通り仮組みして見ます。が、

Oh…
このように、トミックスの島式ホームの複線間隔55.5mmに対してこのままでは収まりません。なので、

この写真の左側のように接合位置を変更します。こうすれば幅・高さ共にトミックスレールに対してちょうど良くなります。
●付属物の組み立て
ここは特に凝ったりせず、取説通り組み立てます。

事務室をちょっと加工すれば待合室にもできそうです。
●塗装
ホームはダークグレー、事務室や売店などはタンで塗装します。さらにグレーのエナメル塗料でタッチアップをしたのがこちら。

写真にはありませんが、ベンチをスカイブルーで塗装しました。屋根と柱は成型色のままとします。
●仕上げ~完成

付属物をどこに置くか検討し、各部品を接着して組み立てていきます。と、ここでひと工夫。

発車標を置くところが無かったので、ベンチの背もたれを切って柱に接着し、シールを貼って再現します。

また、ホームの端にはマスキングテープを貼って点字ブロックに。ポポンデッタの駅のマステは使わないのか、と思われるかもしれませんが、気付いた時には売り切れてましたw
今更ですが、上屋は最後に取り付けた方が組み立てやすいと思います。

これで完成です。頑張れば数日で完成できますが、私は寮祭などでなかなか製作が進まず、気付いたら1ヵ月も経っていましたw
●あとがき
いかがでしたでしょうか。私が製作レポートを作るのは初めてだったので、拙い文章に見えるかもしれません。それでも当記事を参考にしてキットに工夫をしていただければ嬉しく思います。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

  


Posted by toyota-tekken  at 19:02Comments(0)せいかいくんさん

2018年05月03日

新入会員(仮)より挨拶


はじめまして。新入会員(まだ仮)の せいかいくんさん と申します。先輩の方々の活躍を見ていると私はまだまだだと思いますが、私なりに鉄道を楽しんでいきたいと思います。

以下自己紹介です。
●在住地:三河地方、および寮
●鉄道マニアとしての分野:Nゲージモデラー、撮り鉄、音鉄
●好きな鉄道車輌:名鉄6000系電車(特に1・2次車)、JR貨物EH500形電気機関車、国鉄40系電車
●好きな鉄道の情景:車輌基地など、線路が入り組んでいるところ
●最近のマイブーム:旧型国電のキットを作成すること

これらが、これまで私が作成した旧型国電キットの全戦力です。アングルで誤魔化してますが、4両目のサロ45形の帯などは悲惨なことになっています……
  


Posted by toyota-tekken  at 20:33Comments(0)せいかいくんさん