2019年10月15日

鉄道の日!大垣車両区初公開!


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
昨日は10月14日、鉄道の日と言うことで各地で鉄道イベントが開催されましたが、その中でもJR東海は去年に引き続き未公開車両基地の公開に踏み出し、今年は大垣車両区が初公開されました!

早朝に自宅を出て大垣車両区へ。到着早々かなりの人で賑わっていました。

車両区内には懐かしいヘッドマークや、

名古屋車両区から事業用気動車を持ってきての車両展示など、昨年の神領車両区公開美濃太田車両区公開と似たような感じでした。

そして今回の大垣車両区公開で特筆すべき点は、さわやかウォーキングの一環として開催されていることから車両が「さわやかウォーキング」幕になっていたり(この幕は大垣車しか出せないそうです)、特製ヘッドマークが装着されている点です。
まさかヘッドマークまで用意されているとは思わず、大垣車両区の方の粋な計らいに感動しました!

大垣工業高校さんのミニSLにも乗せて頂きました!
5インチゲージの乗用模型で、駆動機構は我々がこうよう祭で出しているミニ電車と同じような感じでしたが、とても重厚感があり、車輪の腕が回っている所などが蒸気機関車を感じさせて凄いと思いました。

午後になると徐々に人が減り、気付けば残っているのはコアな鉄道ファンばかりに。
そして車両区公開恒例、幕回し大会が始まりました!
30分ごとに普段は出ない変わった幕に変更されます。こちらは飯田線北部バージョン。

セントラルライナー北野桝塚なんていうのもw 完全にお遊びの域ですねw
去年の神領車両区でも度々愛環線内の幕が出されましたが、車両区の方は愛環が好きなんでしょうかね?(笑)

そして私のリクエストで安城幕を出して頂きました!ダイヤ乱れでも決して出ることのない幕で、恐らく一度も出ていないものと思われます。
これが出ただけでも来た甲斐がありました!

自宅に帰って自作アプリで即再現。
凄くありそうな行先なのですが…w

最後に今回の戦利品をご紹介します。
上の袋に入っている物は313系のマグネットで、大垣車両区の方お手製だそうです。
硬券風の軟券切符は大垣工業高校さんのミニSLに乗せて頂いた時に貰ったものです。
右のピンバッジはこちらも大垣車両区の方が描かれたもので、来場記念で貰えました!

こんな感じでお土産まで付いて凄く充実した1日となりました。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 23:31Comments(0)堀尾鉃道

2019年07月29日

愛環に313系が!!


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
定期試験真っ只中ですが、久し振りの個人記事です。早速昨日の話題をお伝えしていこうと思います!

朝9時半。花火のはの字も無い時間ですが、予めダイヤ解析で割り出しておいたJR東海神領車両区からの応援車送り込み回送を撮影する為に八草駅へ。
予想はピタリ的中。発車標には回送の文字が。

ところがやってきた車両は昨年同様211系ではなく、なんと転換クロスシートの313系。
まさか花火の多客対応で転換クロスの313系を投入するとは思いませんでしたw

到着して2分程で営業列車と交換。偶然リニモも停車していたので、3社共演が実現しました!八草ならではの光景です。

時間調整の為しばらく停車した後、発車していきました。八草では6分程停車していたので、ゆっくり撮影する時間が取れました。
そしてすぐに続行の列車で北野桝塚まで追いかけます。

北野桝塚に着くと、313系は車両基地で留置されていました。運用に就くまでのスキマ時間は翌日の試験の勉強に費やします。
そして12時前。いよいよ313系が動き出しました!4番線に入線し、北野桝塚止まりの列車からの乗り換えを待ちます。

丁度お昼時だったので、昼食を取る為に313系に乗って豊田へ戻りました。愛環線内で快適な転換クロスシートに乗るという贅沢な体験でした。

昼食後は四郷で折り返しの313系を撮ってから再び乗って北野桝塚へ向かいました。

到着後すぐの並びは撮り損ねましたが、折り返しの並びはバッチリ。
こうやって見ると愛環の車両(2000系)が313系をベースに作られているのがよく分かります。

その後は昨年同様高蔵寺駅6番線発の営業列車として211系も入線し、愛環線内が非常に賑やかになりました!
おいでん初入線の313系の陰に隠れてあまり話題になっていませんが、211系と愛環車両の並びもしっかり記録しました。

そして昨日の一番熱いポイントがここ。
なんと、愛環の駅でJRの車両同士が並びました!!
これは愛環がJRになった姿なのでしょうか?
愛環の社員さんもこの珍しい並びを収めようとカメラを構えていました。

ここで昨年新豊田で撮ろうとした時にお話した社員さんと再会。なんと私の事を覚えていてくださいました!
今年も少しだけお話し、社員さんは後続の列車で新豊田へ向かわれました。
私も313系と愛環車両の並びを再撮影(2時間半前と同じ編成でした)した後、花火を見る為新豊田へ向かいました。

と言うことで、昨日は充実した1日でした。
さて、明日も試験です。211系と313系に元気を貰って残りの4日間頑張ろうと思います!
本日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに^^  » 続きを読む


Posted by 豊田高専鉄航研  at 21:35Comments(0)堀尾鉃道

2019年06月20日

猿投に金魚鉢が!!

皆さんこんばんは。お久しぶりです。
広報担当の堀尾鉃道です。
今日は三河線にレアな列車が来たとの情報を得たので、学校帰りに急遽猿投駅へ行ってきました!

通常三河線は「三河ワンマン」と呼ばれる6000系(写真右側の車両)のみで運転されていますが(豊田線関連の車両除く)、今日は「金魚鉢」と呼ばれる6800系(写真左側の車両)が来ていました!
まずは自転車置き場から駅名標と絡めていつもの車両との並びを撮影。

その後は改札に入り、並び写真を中心に撮影しました!

発車直前には電気が付いたので車内の写真も撮影。通常三河線にクロスシート車は入線しないので、車内のクロスシートが非常に新鮮に感じられました。
金魚鉢のクロスシートは気に入っています!

最後は夕焼けと絡めて1枚。
この後回送列車として知立方面へ戻っていきました。
金魚鉢自体はありふれているのですが、猿投に居るというレアな光景が撮影出来て良かったです!

猿投には金魚鉢だけではなく他にもレア車両が居ました。豊田線の200系です。
同じような顔の車両はたくさん走っていますが、200系なのはこの1編成だけです。
この写真からでは分かりにくいですが、車内にLED表示機があるのが特徴です。
こちらもやはり並びを撮影。
短い時間ではありましたが、レア車両に出会えて充実した撮影機会となりました!

さて、ここで話は変わりますが、明日新入生歓迎会を行う事が決定しました!
昨年同様今年も高専生御用達のナンバイキングのお店、ポカラで行います。
こちらについても記事を投稿しようと思うので、お楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 23:27Comments(0)堀尾鉃道

2019年05月04日

飯田線乗り鉄旅

皆さんこんにちは。堀尾鉃道です。
令和最初の記事はせと君に先越されてしまいましたが、私は令和最初の乗り鉄旅についての記事を書こうと思います!

と言うことで令和元年5月2日、飯田線で飯田まで行ってきました。
乗車列車は213系H14編成。2ドア転換クロスシートの快適な電車…のはずでしたが、秘境駅目当ての行楽客が多く、座れませんでした。ここは諦めて前面展望に徹します。
飯田線は交換待ちや乗務員交代の為の長時間停車が多く、所々ホームに出て撮影することが出来ます。
(上の写真は本長篠駅です。なかなか風情のある駅でした。)

豊橋から3時間弱。浜松市天竜区の水窪(みさくぼ)という駅まで来ました。
いよいよこの後は秘境駅が連続する区間です。

全部語っていたらキリが無いので、小和田(こわだ)駅についての話を。
ここは三県境の秘境駅と言われており、駅自体は静岡県にあるのですが、すぐそばの天竜川上に愛知・静岡・長野の県境が存在します。
また、皇后雅子さまの旧姓と同じと言うこともあり、ご結婚時には大いに盛り上がったそうです。丁度改元の今、熱い駅です。
そんな小和田駅では多くの乗客が乗り降りしていきました。

小和田・中井侍・伊那小沢・為栗・田本・金野・千代と続く秘境駅地帯を通り抜け、天竜峡駅へ。周辺は観光地となっており、特急も停車する主要駅です。
乗車列車は引き続き茅野行きとなりますが、入れ替えの為一度下ろされました。

入れ替えの間に特急伊那路1号に追い越されるので、駅南の踏切から並びを撮影。
木に囲まれていて雰囲気の良い駅でした。

豊橋発車から5時間弱。飯田駅に到着しました。飯田に着く頃には丁度お昼時だったので、下車して飯田ラーメンを頂きました。
飯田のラーメンは柔らかく、他には無い変わった食感でした。

その後は隣の桜町駅まで歩き、飯田の街と山々をバックに1枚撮りました。
飯田線は全体的に駅間が短めなので気軽に隣の駅まで歩けます。

帰りも秘境駅を堪能するべく、暗くならないうちに飯田を出ましたが、夕方は川側が逆光となってしまい、午前中の方が楽しめたような気がします。

そして、ここで飯田線名物「第6水窪川橋梁」の話をしましょう。
通称「渡らずの橋」と言われており、なんと対岸に渡らず、山を迂回するだけの橋なのです。
これは、元々トンネルで山を貫通する計画であったものの、軟弱な地盤故に崩壊して急遽迂回することになった為です。

乗務員交代と交換待ちを繰り返しながら列車は愛知県の三河槙原駅へ。辺りはすっかり暗くなりました。
ここでは特急伊那路3号の通過待ち(交換待ち)の為13分停車しました。
豊橋方にある崖が美しい駅なので、明るいうちに再び訪問したいです。

こんな感じで充実した旅となりました。
皆さんも是非一度飯田線の秘境駅を訪ねてみてください!
次回の更新もお楽しみに^^  

Posted by 豊田高専鉄航研  at 13:39Comments(0)堀尾鉃道

2019年04月18日

近況報告


皆さんこんばんは。広報担当の堀尾鉃道です。
最近は全体の広報記事が中心で、久し振りの個人記事となります。
さて、近況報告と言うことですが、先程とは反して全体の話からしていきたいと思います。

昨日は新入生歓迎会後初めてのミーティングでしたが、雨で寮祭練習が中止になったことも相まって5名の新入生が来てくれました!
多くは先週の新入生歓迎会で鉄航研のブースに釘付けになっていた子たちで、すぐに入会してくれました!
また、忙しくてミーティングには来れなかったものの、今日入会希望だった子が1名入会してくれたので、今年はなんと、6名の新入生が入会してくれました!(恐らく歴代最多です)
今年の鉄航研はより一層賑やかになりそうです^^

そして、次は私個人の近況報告です。
春休みは18きっぷで京都奈良や静岡、長野などに行ってきましたが、最近は地元の鉄道をたまに撮る程度です。
また長期休みに入ったら色々撮りに行くと思います。
※写真は通学途中に撮った愛環の緑帯Wパンタ車の重連です。徐々に青帯化が進んでいるので、貴重な1ショットとなりました。

先週末は久し振りに岩倉駅へ行ってきました。
何度か書いていますが、ここは名鉄お気に入りスポットの一つです。

SR車にも乗りました。
金山にホームドアを設置する関係で、急速に数を減らしている2ドア転換クロスシートの電車です。
(ホームドアが3ドア専用の為)
独特な顔が特徴で、転換クロスシートに座りながら前面展望を眺めることが出来ます。
運良く前面展望がよく見える席に乗れたので、短い間ですが、前面展望を堪能することが出来ました!

また、この日は本線東部で人身事故が発生した関係で特急が知立折り返しとなり、珍しいLED方向幕が見られました。

と言うことで、今日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 18:35Comments(0)堀尾鉃道

2019年03月07日

年に一度の愛環検測


皆さんこんばんは。お久し振りです。
堀尾鉃道です。3ヶ月振りの更新となります。
最近は後輩くんが積極的に更新してくれるので安心して休憩できます(笑)

さて、昨日は年に一度の(正確には9月に深夜検測がありますが)JR東海キヤ95系による愛知環状鉄道線の線路・架線の検測列車をRahyuと共に撮影してきました。
※補足: 愛環は検測列車を保有していないのでJR東海に検測業務を委託し、愛環の社員は検測列車に同乗する形となります。

まずは新豊田へ。この日は定期列車を1分遅らせて検測列車と交換しました。
停車するかと思いきや、まさかの通過。
微妙にブレてしまいましたが、逆にそれが走行感を醸し出していました。

検測列車は岡崎まで向かい、折り返し豊田へ帰ってきました。
その間に我々は四郷駅へ移動して撮影することにしました。長閑な風景が良い駅です。
定期列車を3分遅らせていたので交換すると思いきや、駅南側の僅かな複線区間ですれ違ってしまいました。
とはいえ、1分程度停車してくれたので、単独で撮るには十分でした。

その後は後続の列車で瀬戸口まで追いかけました。瀬戸口では20分停車していたので色々な構図で撮れました。
その中でもこの1枚。奥には瀬戸デジタルタワーが望め、瀬戸らしい写真になりました。

また、定期列車との並びも撮れました。


その後、検測列車は高蔵寺で愛環の社員を降ろしてから名古屋へと帰っていきました。
折角なので名古屋まで追いかけて返却回送も撮影しました。
名古屋の高層ビルと共に1枚。
また、特急ひだとの並びも撮れました。

昨日は充実した1日でした。
ということで、次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 22:39Comments(0)堀尾鉃道

2018年12月31日

雪景色の飛騨高山で撮り鉄

皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
本日2度目の登場となります。
2つ目の話題は昨日の話です。

昨日は雪景色の列車を撮る為、飛騨高山へ行ってきました!
まずは飛騨国府駅へ。旧国府町の中心駅で、去年も交換待ちの合間に撮影した駅です。
ここでは普通列車同士の並びを撮りました。

猪谷行きの列車がやってきました。
5分間の停車時間を利用して単独で1枚。
去年と全く同じ構図ですが、今年はホームが完全に雪で覆われていたので更に感動しました!

高山行きの列車もやってきて、猪谷行きと並びました!
いかにも豪雪地帯から来たという感じで、車両に思い切り雪が付いているのがまた良いです。

その次は、南隣の上枝(ほずえ)駅へ。
これも初見では絶対読めませんよねw
ひだ同士の交換と普通列車2本を撮る為、2時間半程この駅で待つことにしました。

到着して30分程経つと、名古屋行きの特急「ひだ」が交換待ちの為停車しました。
待つこと約5分。富山行きの特急「ひだ」がゆっくり通過していきました。
猛吹雪で幻想的な並びが撮れました!

1時間半程待ったのでしょうか。この間が一番待つのが大変でした。
飛騨古川行き普通列車が入線し、数名の乗客を降ろして発車していきました。
この頃には吹雪も止み、背景の雪山がくっきり見えるようになりました。

最後に高山行き普通列車を撮ってから乗り込み、高山まで乗車しました。
高山に着く頃には既に薄暗くなっており、写真はこの1枚に留めました。
中線のキハ85と当駅止まりのキハ25が並ぶ、高山らしい写真です。

ということで、短い時間でしたが雪国を満喫することが出来ました!
飛騨国府駅と上枝駅は雰囲気が気に入ったので、また撮りに行きたいです。
最後になりますが、今年の更新は以上となります。来年の鉄航研並びに当ブログもよろしくお願い致します!
それでは皆さん良いお年を。  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 23:49Comments(0)堀尾鉃道

2018年12月31日

関西・草津線経由で京都へ

皆さんこんばんは。久し振りの登場となります。堀尾鉃道です。
最近は後輩くん達が積極的に記事を書いてくれて嬉しい限りです。
まぁご隠居する訳ではないのでご安心を(笑)
さて、本日は話題が2つありますが、先に先日の話を。

先週水曜日、奈良線の列車を撮る為に京都へ。
普通は米原経由で東海道線をひたすら下ることを考えますが、いつもそれでは面白くないので、今回は亀山経由で関西線と草津線を通って行ってみました。

関西線で亀山へ。関西線は単線なので、途中で交換待ちをしている間に色々な写真が撮れましたw
亀山でも少し乗り換え待ちの時間があったので、紀勢本線の列車を撮ってみました。
朝なので2編成繋いで4両でした。

亀山で加茂行きに乗り換え、次の関で下車。少し早いですが、隣にある道の駅関宿で昼食を食べました。
ここのたぬき俵にぎりと亀山茶ソフトクリームは絶品なので、皆さんも是非行ってみてください!
こんな寒い日にソフトクリームかよ

その後は再び加茂行きに乗って柘植(つげ)駅へ。草津線との分岐駅です。
ローカル線感あって雰囲気が良い駅です。
偶然にも反対側に山城列茶ラッピング列車が止まっていたので、乗ってきた列車との並びが撮れました!

草津線に乗って貴生川(きぶかわ)へ。この駅では交換待ちの為2分程停車時間があったので、降りて偶然止まっていた信楽線の忍者ラッピング列車との並びを撮りました!
草津線は通常は右の列車のような抹茶色の塗装ですが、忍者ラッピングも1編成走っているそうです。(この日は見ませんでした)

草津で東海道線に乗り換え、京都へ。
早速奈良線ホームで撮影を始めました!
去年と同じ構図で1枚。
想像以上に近代化が進んでいて驚きましたw
車両は新型()車両に置き換わり、外国人観光客に配慮した自動放送が全列車で流れていました。
(分かる人には分かると思いますが、国鉄型をより新しい国鉄型で置き換えるということをしています。もっとも、この車両は国鉄末期に製造された上、体質改善が施され、内装はJR化後に製造された車両と遜色ありません。)

残り2編成となった103系が並ぶことが分かったので、普通列車で黄檗(おうばく)駅へ。宇治の隣の駅です。
初見では絶対読めませんよねw

そして、並びを撮影。
少し暗かったですが、丁度良い位置に並んでくれて良かったです!
去年来た時は当たり前の並びでしたが、今ではすっかり珍しくなりました。

その後は東海道線で大阪まで行って、夕食を食べてから帰りました。
ということで1記事目はここまでです。
後程2記事目も書こうと思うので、是非ご覧ください!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 17:39Comments(0)堀尾鉃道

2018年11月17日

知多鉄道酢トーリー


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
今日は先日運転された未来クリエイター☆秀吉(良ければこちらもご覧ください)に引き続き、同じく愛知DC観光列車の「知多鉄道酢トーリー」を撮影しに武豊線の緒川駅へ行ってきました!
列車名の由来は鉄道の「ストーリー」と沿線の半田に本社があるミツカン「酢」を掛けたものらしいです。
中間試験3日前というのは黙っておこう…

その前に、さわやかウォーキング臨時快速を撮影しに高蔵寺へ。撮ろうと思ったら…列車を1本間違えて既に発車した後でした(^_^;)
気を取り直して、通過する特急しなの1号を撮影。光がよく当たって美しいです!

1時間程待機し、ナイスホリデー木曽路も撮影しました。行楽シーズンに定期快速を延長運転する列車で、木曽地域へ乗り換え無しで行くことが出来ます。
撮ったら急いで緒川駅へ向かいました。

何故緒川駅を選んだか?停車する事が公表されていない為人が少なく、列車交換を行う為反対列車の区間快速(電車)との並びを撮影出来るからです。
武豊線の新旧主役の並びが実現しました!

補足:使用された車両はかつて武豊線で活躍していたキハ75形気動車で、電化に伴い313系電車に主役を譲り、武豊線から引退しました。(現在は高山線や太多線で活躍中)

待つこと1時間半。使用された車両が車庫(美濃太田車両区)に帰る為、緒川駅に戻ってきました。今度も対向列車との交換を行うのですが、長めに停車してくれたのでゆっくり撮影出来ました!
ホーム嵩上げが行われたばかりの新しいホームに雲ひとつ無い青空で、より一層車両が映えました^^

今日はかなり充実した撮影になったと思います。充実し過ぎて一気に現実に引き戻されました。試験勉強頑張ります…
次回の更新もお楽しみに!

【おまけ】

家に帰る為普通列車に乗ると、南大高で待避していたので急遽下車して撮影。
残念ながらヘッドマークは剥がされていたので、駅名標と絡めて撮ってみました。  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 20:26Comments(0)堀尾鉃道

2018年11月11日

ICカード導入の波

皆さんこんにちは。堀尾鉃道です。
今週はどこへも撮りに行っていないのですが(来週行きます)、豊田高専の最寄り駅である愛環梅坪駅と、お隣の四郷駅に来春の愛知環状鉄道線TOICA導入に向けて準備工事が施工されたので、その話を。

金曜日、学校へ行く為いつも通り愛環梅坪駅で下車すると、改札口に青いシートが被せられた機械が置かれていました。
実はこれ、簡易TOICA改札機です。
通常の自動改札機とは異なり、ICカードのみ利用出来る簡易的な改札機で、タッチすることで入場及び出場処理が出来る仕組みとなっています。

また、自動券売機を見ると、蓋がされていたICカード挿入口が開けられており、透明なカバーが被せられていました。
利用開始の暁にはチャージやICカードで切符の購入が出来るようになる見込みです。

そして土曜日。お隣の四郷駅にも工事が施工されたと聞いたので見に行きました。
土日は無人なので自動券売機は閉鎖されていましたが、予想通り簡易TOICA改札機は置かれていました。
動線に合わせて入場用と出場用の向きが変えられていたことが特徴的です。

ホームに上がってみると、こちらにも同様の機械が。簡易TOICA改札機の出場用でしょうか?
改札口とホーム上に合わせて2つ置かれることになりますが、どういう意図があるかは不明です。(無人時に車掌が監視出来るようにする為?)

いよいよ来春の利用開始に向けて準備工事も大詰めとなり、様々なことが分かってきました。
利用開始日や詳しい利用方法など、今後の動向に注目していきたいと思います。
次回の更新もお楽しみに^^  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 11:27Comments(0)堀尾鉃道

2018年11月05日

未来クリエイター☆秀吉

皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
最近こうよう祭関連のネタが多かったので、久し振りに個人ネタを。

時はこうよう祭1日目。予めシフトから外しておいた時間にRahyuと共に四郷駅へ。
この週末にしか運転されない団体臨時列車「未来クリエイター☆秀吉」号を撮る為です。
この列車は、名古屋から岡崎まで走行した後、岡崎から愛知環状鉄道線を通って高蔵寺へ。そのまま中央線経由で名古屋まで一周して帰ってくる列車です。
乗ってみたかったのですが、貸し切り列車故に高額かつ、こうよう祭と被ってしまった為撮影のみに留めました。

待機すること約10分。岡崎方面から真っ黒な電車が入線してきました。
この車両は愛知DCに合わせてラッピングされたJR東海神領車両区所属の編成で、先日の神領車両区公開にも展示されていました。
幸いなことに曇っていたので、本来逆光になるはずの構図でも逆光の影響を受けずに撮れて良かったです。

そして2日目。昨日ですね。
昨日も事前にシフトを外しておき、今度は私一人で行きました。
曇りだとシャッタースピードが落ちてブレてしまうので、今度はISO感度を上げて臨みました。

反省を踏まえ、撮影した写真がこちら。
背景がより鮮やかになり、豊田スタジアムや豊田大橋も望め、一層豊田らしく素晴らしい写真が撮れました!

こうよう祭運営の合間の短い時間でしたが、とても満足出来た撮影となりました。
次回の更新もお楽しみに^^

P.S. 一昨日からアクセス数が急増しており、驚いておりますw  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 21:57Comments(0)堀尾鉃道

2018年10月22日

美濃太田車両区公開!

皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
先週に引き続き、車両区公開ネタです。
と言うことで、昨日私は美濃太田車両区公開イベントに行ってきました!

美濃太田駅から太多線で1駅。美濃川合駅で下車しました。実は、美濃太田車両区の最寄り駅は名称に反して美濃川合駅です。
通称「須田コレクション」と呼ばれているシートが被せられた保存車両を横目に美濃太田車両区へ向かいました。

展示車両を柵の外から撮影。
美濃太田車両区のキハ75形(武豊線から転用)とイベントの為に名古屋車両区から来たキヤ97系です。
キハ75形は「急行 飛驒古川」幕でお出迎えです。
※参考:キハ75形はホーム高さの関係で下呂までの運用となっており、また美濃太田車両区所属のワンマン対応車は急行運用に就いたことはありません。

入場し、展示車両を撮影!と思ったら完全に逆光でした。露出を調整し、何とか様になりました^^;

しかし、美濃太田車両区公開は車両展示だけではありません。
国鉄時代の旧駅名標や車両銘板に、
(長良川鉄道に転換された越美南線美濃白鳥駅の駅名標が錆び錆びになって残っていましたw)

懐かしのヘッドマークや切符なども展示されていました。
写真や車両説明ポスターなどもあり、こうよう祭展示の参考になりました。

車両区公開恒例お仕事紹介コーナーでは、手で車輪を回すと連動してスピードメーターが動く仕掛けがあったり、
(回しまくって120km/hくらいまで速度を上げてみましたw)

車掌スイッチを押すと連動して車側灯が点灯して右にある扉が開く仕掛けがあったりして遊べましたw
扉が開くと、なんとTOICAのひよこが出てきました。
(美濃太田車両区なのに何故か車両が神領車両区の383系なのはご愛嬌)

こんな感じでコンパクトな展示でしたが、そこそこ楽しめました。
次回は「須田コレクション」の公開とキハ25形の公開を期待したいですね。
(個人的にはキハ25形の側面方向幕が撮りたいです)
ということで、今日の更新はここまでです。
近日作業の進捗報告とこうよう祭の告知を書こうと思うので、乞うご期待を!
次回の更新もお楽しみに^^  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 22:16Comments(0)堀尾鉃道

2018年10月15日

神領車両区公開!


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
昨日は「鉄道の日」ということで春日井市にある神領車両区でイベントが開催されたので、朝から行ってきました!

神領車両区に入ると、早速ラッピング車両がお出迎え。
この車両は愛知DCという観光キャンペーンの一環として期間限定で運行されていて、各車両には名古屋おもてなし武将隊のメンバーである織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が描かれています。
早速珍幕「セントラルライナー 長野」が表示されていましたw

午前中は人が溢れていて全然写真が撮れなかったので、早めに車掌体験の整理券配布の列に並びました。
30分ほど並び、整理券をゲット!整理券ながら切符を模した券となっていました。
これとは別に、体験終了後には業務体験証明証を貰えました。
(これらはこうよう祭にて展示します)

車掌体験では、実際に使われているマイクを使って放送をしたり、制服を着て車内改札をしたりできました。
体験ながら緊張しましたが、良い体験となりました^^
体験終了後には、車掌さんの好意で幕を変えてくれました!
ホームライナー八草、実現したらとても便利ですw

体験終了後、ふと313系を見ると、「快速 新豊田」幕に!!
これには驚き、すぐに飛んで行きました。
LED方向幕を再現する為に側面表示を撮りたかったのですが、383系に隠れて撮れず。
しかし私は諦めません。地面にひざまずいて383系の隙間から撮影することに成功しました!
(予想通り膝と靴は泥だらけになりましたw)

そして午後からは幕回し大会です。
ラッピング車両、383系、313系共に珍幕のオンパレードとなりましたw
普段は表示されることのない緑色の快速幕や、セントラルライナー幕、そして北野桝塚などの愛環線内幕も表示されましたw

昨年の豊橋運輸区公開では表示されることの無かったセントラルライナー幕の383系と臨時新豊田幕の313系の並びも撮れました!
夕方の光線を浴びて仲良く並んでいる姿が良いです^^

結局終了まで居座ってしまいましたが、職員インタビューや鉄道クイズなどの企画もあり、飽きることなく楽しめました!
来週は美濃太田車両区の公開があるので、そちらにも行ってみようと思います。
次回の更新もお楽しみに^^  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 22:02Comments(0)堀尾鉃道

2018年10月08日

鈴鹿GP臨を撮りに伊勢鉄へ②

皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
先程の記事の続きです。

ラッピング車両の運用が無いことが分かり、そのまま名古屋に居ても特にネタがある訳ではないので、少し早めですが14:05発のワンマン快速で再び関西線へ。
折角青空フリーパスがあるので、大回りして鈴鹿サーキット稲生へ行くことにしました。

このようなルートです。
河原田駅手前の分岐では伊勢線が本線で、関西線はなんと支線扱いでしたw
亀山駅で紀勢線に乗り換え、津へ向かいました。亀山ー津間は初乗車です。

途中の一身田(いしんでん)で交換待ちの為停車。停車時間を利用して撮影しました。

津駅で伊勢線の普通列車に乗り換え、鈴鹿サーキット稲生へ。普段は単行でワンマンの普通列車も2両編成に増結され、車掌が乗務していました。
青空フリーパスは伊勢鉄道線内もフリーゾーンとなっているのが利点です。

鈴鹿サーキット稲生の駅名標です。
読み仮名を一番上に大きく、一番下には所在地を表記する国鉄方式の駅名標でした。
外国人客に配慮し、各単語の頭文字以外は小文字にし、サーキットは正しい英単語となっていました。

臨時列車を待っていると、伊勢鉄道の方の好意で人が少ないホーム先頭へ行かせてもらえました!
そして臨時快速桑名行きを撮影。
臨時快速という表示は初めて見ましたw

反対側のホームへ移動し、津行きも撮影。
丁度光が一番美しい時間帯でした。
名古屋方面のホームは名古屋直通の快速みえを待つ乗客でいっぱいでしたw

LED方向幕の表示も撮影。
津に加え、四日市・桑名表示も記録しておきました。
いずれも定期列車では設定されることのない貴重な表示です。

徐々に暗くなり、また臨時列車の撮影に満足したので桑名行き臨時快速に乗って帰りました。
転換クロスシートのキハ75だったので積み残しが出るか心配でしたが、意外にも押し潰されることなく乗車できました。
なんとこの臨時快速、南四日市の側線で後続の臨時特急「鈴鹿グランプリ」に抜かれました。しかも特急が遅れた影響でかなり長く立たされました。
四日市で普通列車に乗り換え、遅れたものの無事名古屋に戻れました。

余談:2時間後に四日市で信号トラブルが発生したので撮影を続けていたら帰れなくなる所でした^^;
ということで昨日の話は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 21:19Comments(0)堀尾鉃道

2018年10月08日

鈴鹿GP臨を撮りに伊勢鉄へ①

皆さんこんにちは。お久しぶりです。
広報担当の堀尾鉃道です。
旅行の記事を書くと言いながら書かずに半月が過ぎ、広報担当として申し訳ないです。
(同期や後輩に記事書いてもらってます^^;)
皆さん気になっているであろう「こうよう祭」に向けての作業は、夏休みから毎週1, 2回程度のペースで進んでいます。
これについては、後日改めて記事を書こうと思います。

さて、私は昨日「青空フリーパス」で鈴鹿グランプリ臨時列車を撮りに行ってきたので、それについてお伝えしていこうと思います。

始発列車で名古屋駅へ。関西線に乗り換えて永和駅へ行きました。この駅では特急「鈴鹿グランプリ」1号が運転停車して普通列車と交換を行います。
数分停車する上にホームには私しか居なかったので、非常に快適に撮影できました。
雰囲気もなかなか良かったのでまた撮りに行っても良いかもしれませんw

普通列車で折り返して八田駅へ。
今度は鈴鹿サーキット稲生行き臨時快速です。
八田駅で特急「南紀」の待避を行うと推測していましたが、意外にも待避は行わずに普通列車と交換してすぐに発車していきました。
車両は美濃太田車両区所属のキハ25形でした。ぱっと見313系(下)と変わりませんw
313系とは異なり、LEDが切れやすいので、シャッタースピードを落として慎重に撮影しました。

普通列車で蟹江駅へ移動して、停車する区間快速を撮影しました。普通列車との交換があるので長めに停車しました。
車両は偶然にも313系1000番台のトップナンバー、B1編成でしたw
そのまま列車に乗り込み、四日市へ向かいました。

区間快速は普通列車を追い越すことなく富田駅へ。富田駅では後続の快速みえを待避します。
快速みえは混雑の影響で数分遅れて通過しましたが、なんと偶然快速みえの通過とビスタカーが重なりましたw(写真)

四日市では、キハ75の鈴鹿サーキット稲生行き臨時快速を撮影。丁度横の側線に貨物列車が停車していたので、四日市らしい風景になったかなと思います。

この後は夕方まで臨時列車の運行は無いので、快速みえで一度名古屋に戻りました。
昼間の空き時間を利用して武将隊がラッピングされた愛知DC特別編成(写真)を撮影しようと思いましたが、残念ながら昨日は運用がありませんでした。

(写真は一昨日名古屋駅で撮影)
文章が思いの外長くなってしまったので、続きはこちら。  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 16:33Comments(0)堀尾鉃道

2018年08月17日

JR最高駅「野辺山」へ


皆さんこんにちは。堀尾鉃道です。
お伝えするのが遅くなってしまいましたが、火曜日に野辺山へ行ってきたのでその様子を紹介していこうと思います!

地元からは中央本線の普通列車で小淵沢へ。
中央東線に乗るのは初めてですw

小淵沢に着くと、小海線ホームに真っ青な列車がやってきました。
信州DCに合わせて改造されたキハ100系気動車を利用した全車指定席の臨時快速「HIGH RAIL 1375」です。
窓側を向いた座席など、景色を楽しめる工夫がされており、いつも指定席券が売り切れる人気列車です。

私は観光シーズンに増発されている普通列車「八ヶ岳高原列車」で野辺山へ。
天気が良く、良い写真が撮れました^^

JR線最高駅を示す柱と共に駅名標を撮影。
こちらも夏らしい青空で、良い写真が撮れました!

下車した後はレンタサイクルで野辺山SLランドへ。
ナローゲージの蒸気機関車の動態保存を行っている珍しい遊園地で、子供連れで賑わっていましたw
しかし残念ながら、今年の8/31をもって閉園してしまうそうです。行ってみたい方はお早めに。

その後は、JR最高地点の「第3甲州街道踏切」へ。
すぐ横にはレールと車輪が祀られている「鉄道神社」があり、運転士を志望する絵馬がたくさん奉納されていました。
鉄道ファンの聖地のような場所なので、撮り鉄する同業者がたくさんいらっしゃいました。
この時は運良く3両しか無いハイブリッドカーが来て良かったです^^

本日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 23:13Comments(0)堀尾鉃道

2018年07月30日

愛環に211系が!!


皆さんこんばんは。堀尾鉃道です。
定期試験真っ只中ですが、昨日はRahyuと愛環のおいでん臨を撮影してきました。

まずは高蔵寺駅へ。昨日は木曽あずさの運転日だったので、6番線で送り込み回送を撮影しました。山の風景と愛環への分岐が高蔵寺らしいです。

愛環の時刻表を見ると、1本だけ6番線発の列車があったので待ってみることに。
すると…

回送幕の211系が入線してきたではありませんかwww

すぐに多くの同業者が集まり、撮影を始めました。なんと、横の道路から撮影している人もいましたw
あまり時間が無かったので、乗務員交代の光景を撮影し、すぐに乗り込みました。

我々は瀬戸口駅で下車し、岡崎方面へ発車する211系を見送りました。
瀬戸口駅の岡崎方は障害物が少なくて撮りやすいです。

後続の列車で四郷駅へ。211系は対向列車を待つ為しばらく停車していました。
浴衣姿の乗客が列車を待つという、おいでん臨らしい情景も撮影することが出来ました!

その後、私は花火を見る為Rahyuと別れました。花火帰りは211系運用の列車を選び、新豊田駅の駅名標と共に撮影しました。

さて、明日も試験です。211系に元気を貰って残りの3日間頑張ろうと思います。
本日の更新は以上です。
次回の更新もお楽しみに!  » 続きを読む


Posted by 豊田高専鉄航研  at 23:05Comments(0)堀尾鉃道

2018年07月04日

「半分、青い。」明知鉄道の旅

皆さんこんばんは、お久しぶりです。
広報担当の堀尾鉃道です。
最近は後輩が積極的に書いてくれて嬉しい限りです。
さて、私は先週の土曜日に明知鉄道に乗ってきました!

恵那駅で岩村駅までの硬券フリーきっぷを購入し、乗車しました。
本来は明智駅までの全線フリーきっぷしか販売されていないのですが、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の放送記念で特別に販売されていました。


ホームで列車を待っていると、4月に運用開始したばかりのアケチ102が入線してきました。赤い塗装の車体が特徴です。


新車の香り漂う車内に入ると、車両銘板を発見しました。
近年はステッカーが使われていることも多いのですが、昔ながらの国鉄フォントで表記されたプレートには明知鉄道のこだわりを感じました。(JR東海も同様のこだわりが見られますね。)


自家用車に抜かれる程のんびりと走る車窓をしばらく眺めていると、列車は阿木駅に到着しました。
阿木駅にはかつて使われていたホームの遺構が残っており、草に覆われて自然に還りつつありました。


田園風景を眺めていると、列車は岩村駅に到着しました。
恵那市岩村町は「半分、青い。」に登場する商店街のロケ地となった町で、江戸時代から続く古い町並みが残っています。
そんな町の玄関口となる岩村駅にも昔ながらの駅名標と腕木式信号機が残っています。


岩村駅では列車の交換が行われるので、このように列車が並ぶ風景も撮影することができます。
この日の明知鉄道は子どもたちで賑わっていました。


次の列車は1時間半後だったので、1.3km先にある極楽駅まで歩きました。
極楽駅は2008年に新設された駅で、ホームにはかつて万博八草駅のホーム拡張に使われていたものが再利用されています。
しばらく待っていると、「半分、青い。」塗装の列車が入線してきたので、ホーム端から撮影しました。


その後は最古参のアケチ10に乗って恵那駅まで戻りました。
(恵那駅手前の東野駅辺りから豪雨が降ってきて大変でした…)

短い間でしたが、のんびり走る気動車に乗るという非日常体験が出来て充実した旅になったと思います。
皆さんも一度明知鉄道に足を運んでみてはいかがでしょうか?
ということで、本日の更新は以上となります。次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 21:01Comments(0)堀尾鉃道

2018年06月10日

養老鉄道で撮り鉄

皆さんこんにちは、お久しぶりです。
広報担当の堀尾鉃道です。
中間試験が終わり、ようやく落ち着けます。
そろそろ新入生歓迎会やこうよう祭の計画を練っていきたいなと思います。
昨日は2人の1年生がそれぞれ記事を書いてくれて、積極性の高さに感動しております。

さて、私は先週日曜日に養老駅へ行ってきました。養老公園や養老の滝の最寄り駅です。
ホームには瓢箪と養老の滝をモチーフにした駅名標が設置されていました。

窓口で入場券を購入し、駅構内に入ります。
養老鉄道には自動改札機が導入されていないので、今では珍しくなった硬券タイプの入場券です。

構内踏切を渡って反対側のホームへ行って撮影しました。こちらは養老鉄道ではよく見かけるマルーン色の電車です。
サイクルトレインとして運行されており、自転車を持ち込む人も見かけました。

あまり時間が無かった上、日中は40分に1本しか運行されていないのであまり撮影できませんでしたが、運良く大垣市制100周年記念号も撮影出来ました!

折角なので沿線でも撮影してみました。
田植え直後の水田と青空がマッチして良い写真になりました^^

今日はここまでとなります。
次回の更新もお楽しみに!  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 11:20Comments(0)堀尾鉃道

2018年05月19日

静岡の車庫公開

皆さんこんばんは。本日2度目の登場となります。広報担当の堀尾鉃道です。
まだ1記事目をご覧になっていない方は合わせてご覧ください。
ちなみに、最近あまり更新出来ていなかった理由は、ホームページの更新作業が忙しかったからです(^_^;)
他の会員と協力して更新頻度を保てるよう頑張ります。

さて、今日は静岡駅スタートのさわやかウォーキングに参加し、登呂遺跡やJR東海静岡車両区、静岡鉄道長沼車庫などを巡りました。
2記事目はその様子をお伝えしていこうと思います。

炎天下の中、寄り道しながら歩くこと約3時間。静岡車両区に到着しました。
検修庫の中に入ると、313系N1編成(まさかのトプナン)が「団体 東田子の浦」幕で展示されていましたw
東田子の浦幕は初めて見たので、側面表示共々記録しておきました。
他にも、静岡車両区の方が各種部品を紹介していたり車両の点検をしていたりしていましたが、個人的には豊橋運輸区公開の方が豪華だと思いました。

次は静岡鉄道の長沼車庫へ。
車庫に到着するとすぐ新型車両のA3000形が出迎えてくれました!
今日はお茶をイメージしたナチュラルグリーンラッピングの編成でした。
車内は走行中の車両と同様に液晶ディスプレイが動作し、冷房が効いていました(*´∀`*)

新型車両の横には従来の車両も展示されており、そのうち1編成は静岡市清水区が舞台のちびまる子ちゃんのラッピングが施されていました!

その後はグランシップで開催中のトレインフェスタを見に行きました。展示の内容はこうよう祭の参考になりました!
最後に、東静岡駅で急行トレインフェスタ号を撮って締めました。
多くの同業者が撮影されており、撮影に苦労しました(^_^;)

今日の投稿はここまでです。
次回の更新もお楽しみに^^  


Posted by 豊田高専鉄航研  at 21:35Comments(0)堀尾鉃道